元浦和FW所属の武漢卓爾、スペインからようやく帰国も…

元浦和FW所属の武漢卓爾、スペインからようやく帰国も…
元浦和レッズのFWラファエル・シルバが所属する武漢卓爾

 スペインから帰国の途についた中国スーパーリーグの武漢卓爾だが、中国で14日間隔離されるようだ。『チャイナ・デイリー』が伝えている。

 昨年末に中国の武漢で感染が確認されて以降、世界中に広がった新型コロナウイルス。武漢卓爾は、シーズン開幕に備えて1月29日からスペイン国内でトレーニングを行っていたが、新型コロナウイルスの影響でホームタウンの武漢が封鎖され、帰国できない状況が続いていた。

 中国では今月10日、武漢がある湖北省を習近平国家主席が訪問。その後、封鎖が解除された。また、ヨーロッパでも感染が急速に拡大し、スペインでも14日に非常事態を宣言。これを受けて、武漢卓爾は40日以上に渡ったスペインでのキャンプを終わらせ、帰国を決めた。

 同メディアによれば、武漢卓爾は16日の午後3時に深センに到着すると、検疫などを経て、17日の午前4時に政府が指定したホテルにチェックイン。事実上の終息段階に入ったとされる中国本土に再び新型コロナウイルスを持ち込ませないために、選手たちは14日間隔離されるという。

 なお、武漢卓爾には浦和レッズアルビレックス新潟でプレーしたFWラファエル・シルバ(27)らが所属している。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月18日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。