履正社はU-23代表MF田中ら4選手が大学経由でJ同時加入。次のプロ候補は新3年生のボランチ・平岡大陽

履正社はU-23代表MF田中ら4選手が大学経由でJ同時加入。次のプロ候補は新3年生のボランチ・平岡大陽
J練習参加を経験した履正社高MF平岡大陽(新3年)はしなやかさや運動量を特長とするボランチだ

 大阪の強豪・履正社高は今年、現U-23日本代表で昨年12月にA代表デビューも果たしているMF田中駿汰(大阪体育大→札幌)をはじめ、FW林大地(大阪体育大→鳥栖)、MF牧野寛太(関西大→長野)、DF大迫暁(日本体育大→沼津)とOB4選手が大学を経由してJクラブへ加入した。加えて今年は、高校からプロ入り期待のボランチがいる。

 MF平岡大陽(新3年)は身長170cmほどと特別なサイズ感こそないものの、動きがしなやかでプレーの連続性も兼備。また、球際で足が伸びるMFは、相手に振り切られることなく2度、3度と続けてプレッシャーをかけて、ボールを奪い取ってしまう。

 取材日はゲーム形式のトレーニングだったが、カウンターから最前線までスプリントして豪快なゴール。加えて、ミドルレンジからファインショットを叩き込み、また相手のプレッシャーを受けながらでも正確にパスを通すなど、強豪校の中で1ランク上のプレーを見せていた。

 本人は「良くない日もあるんですけれども、良く走って、守備から入ってやれば、自然と攻撃も流れが出てくるのかなと思うので、最近は守備のところを意識していて、より奪い切れるようにしたいです」と語る。攻撃の質の部分はまだ成長の余地があるが、まず守備と運動量にこだわってプレーすることで、自身とチームにリズムを生んでいる。

 1年時の選手権予選を先発ボランチとして経験し、昨年も主力の一人としてプレー。その平岡は今年の2月と3月に湘南への練習参加を経験した。「1回目行った時はスピード感とか身体がついて行かへんのは仕方ないと思うんですけれども、目も追いつかなくて……。ポゼッションとかの時に技術もそうですけれども、なかなか目が追いつかなくて『ヤバいな』と感じて、でもせっかく来たので走ってアピールしようという感じでした」。自身も驚いたというプロからの練習参加の誘い。それは日常から感じている、「(プロになるためには)もっとやらなければならない」という危機感を高めることに繋がった。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月22日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。