ピッチ内外で高川学園を牽引中。MF新山大地が求める「あと一歩」と“パレホのような”パス

ピッチ内外で高川学園を牽引中。MF新山大地が求める「あと一歩」と“パレホのような”パス
山口の名門・高川学園高の新主将、MF新山大地(新3年)

 江本孝監督が「ゲームを作るバランスに長けている」と評するMFは、昨夏に左SBからボランチへコンバートされてからわずかな期間で名門・高川学園高(山口)の柱へ成長。選手権全国大会でも2試合にフル出場した。そのMF新山大地(新3年)は今年、主将としての自覚を持って、ピッチ内外でチームを引っ張っている。

 インターハイと選手権でいずれも2度の4強入りをした実績を持つ高川学園は17年8月、筑波大のパフォーマンス局を参考にして選手を主体とした部署制を導入。各選手は分析部、広報部、生活部、おもてなし部などに属し、サッカー部員として個人の技術や判断力を向上させるだけでなく、ピッチ以外の部分でもやりがいを見つけ、自律心の向上を図っている。

 この活動を通して、各部長を中心に目配り・気配り・心配りする力を身に着けているが、総務部として他のリーダーたちとともに全体を統括する立場にいるのも新山。指揮官は彼について、「もっと非情になっても良いかもしれない」と語る一方で「非常にチーム、人に対して気を配れる」と人間性の部分も高く評価している。

 取材日はピッチで一際多くの声を出し、ゲーム形式のトレーニングではスプリントを繰り返して相手ゴールに迫った。新山が大事にしているのは、「あと一歩」だ。選手権2回戦で仙台育英高(宮城)に0-1、紙一重の差で敗れたことによってその重要性を再確認し、その一歩を意識しながらトレーニングしている。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月22日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。