岡山学芸館が逆転勝ち。ファインショットのMF須賀は“中国地方ナンバー1FW”の加入も刺激に

岡山学芸館が逆転勝ち。ファインショットのMF須賀は“中国地方ナンバー1FW”の加入も刺激に
前半28分、決勝点を喜ぶ岡山学芸館高MF須賀大貴(右)

[3.29 練習試合 高川学園高 1-3 岡山学芸館高]

 29日、高川学園高(山口)と岡山学芸館高(岡山)が前半をAチーム、後半をBチームが戦う形で練習試合(30分ハーフ)を実施。前半を2-1で終えた岡山学芸館が後半にも1点を加えて3-1で勝利した。

 高川学園は前日、長崎総合科学大附高に0-3から逆転勝ちし、立正大淞南高にも3-0で快勝。この岡山学芸館とのA戦もポゼッションとFW福地優雅(新3年)を筆頭としたプレッシングで先手を打とうとする。

 8分にはMF清水一輝(新3年)の左CKをファーサイドのCB田中誠太郎(新3年)が左足ボレーで合わせて先制点。その後もシュートで終わる形を増やす。一方の岡山学芸館もポゼッションで対抗。FW中田樹音(新3年)が引いてリズムを作ろうとするが、前半半ばまでは全体的に前線へ抜け出す動きが少なく、足元へのパスを狙われて攻め切る前にボールを失ってしまっていた。

 それでも、GK萩原瑠翔(新3年)、MF宗川遼哉(新3年)、MF今田光星(新3年)、MF須賀大貴(新3年)、MF末瀬由太郎(新3年)と全国高校選手権経験者5人を残す岡山学芸館は試合をひっくり返す。25分、今年の全国屈指のストライカーと言えそうな注目FW中田が、ミドルレンジから対角の左足シュートをゴール右隅に決めて同点。さらに須賀のスルーパスから中田が抜け出す動きを見せるなど相手ゴールを脅かすと、28分に勝ち越し点を奪う。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月31日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。