「今こそ大学サッカーに恩返しを!」関東大学サッカー連盟にマスク2,500枚を寄付


 関東大学サッカー連盟は17日、関東大学サッカーリーグオフィシャルスポンサーの、「株式会社Maenomery」(https://maenomery.jp)より、関東大学サッカー連盟へマスク2,500枚の寄付が行われた、と発表した。今後、マスクを各大学スタッフへと順次配送するという。

「株式会社Maenomery(マエノメリ)」は、2018年に元プロサッカー選手で代表取締役社長の星野崇史氏(34歳)をはじめ、大学サッカー部出身者たちによって設立された会社で、主な事業として「体育会学生の就職支援」「プロアスリート引退後の次のキャリアサポート」を行う体育会人材に特化した人材紹介会社である。

 昨年は設立1期目にして、各大学サッカー部の監督・スタッフなどの推薦もあり、約3,000名の体育会学生の就職サポートを実現。現在は、新型コロナウイルス感染拡大の影響があるが、電話・オンライン面談を通じて2021年卒の学生たちや、現状に悩みを抱えているアスリートたちへの個別対応も着々と進めている。

「今こそ大学サッカーに恩返しを!」関東大学サッカー連盟にマスク2,500枚を寄付
「今こそ大学サッカーに恩返しを!」関東大学サッカー連盟にマスク2,500枚を寄付
2,500枚のマスクが関東大学サッカー連盟に寄付された

「株式会社Maenomery」の星野社長は今回、関東大学サッカー連盟にマスクを寄付する理由について「私自身、大学サッカーを通じて、いかなる状況でも前を向き仲間と助け合う大切さを学びました。新型コロナウィルスの影響もあり、世界全体で大変苦しい情勢が続きますが、大学サッカー部出身者として何か力になれないかと考え、微力ではありますが『少しでも恩返しをさせて頂きたい』という想いで今回の寄付に至りました。

この記事の画像

「「今こそ大学サッカーに恩返しを!」関東大学サッカー連盟にマスク2,500枚を寄付」の画像1 「「今こそ大学サッカーに恩返しを!」関東大学サッカー連盟にマスク2,500枚を寄付」の画像2 「「今こそ大学サッカーに恩返しを!」関東大学サッカー連盟にマスク2,500枚を寄付」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「大学サッカー」に関する記事

「大学サッカー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「大学サッカー」の記事

次に読みたい「大学サッカー」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク