00~09年のインハイ埼玉県代表成績_西武台と埼玉栄が16強、GK川島の浦和東も全国1勝

00~09年のインハイ埼玉県代表成績_西武台と埼玉栄が16強、GK川島の浦和東も全国1勝
埼玉栄高はMF町田也真人が3年時にインターハイ初出場。(写真は07年度選手権。写真協力=高校サッカー年鑑)

[2000~2009年のインターハイ埼玉県代表校成績]

 2000年~09年の10年間のインターハイ埼玉県代表は、苦戦が続き、3回戦を突破することができなかった。この間、最も埼玉県代表になっているのが、公立の浦和東高だ。GK川島永嗣(現ストラスブール)が主将を務めていた00年大会では明徳義塾高(高知)を3-0で撃破。だが、2回戦で青森山田高(青森)に0-3で敗れた。03年にはDF菊地光将(現山口)やMF塚本泰史(元大宮)、GK鈴木智幸主将(現岩手)を中心に戦い、初戦を突破したが、2回戦で厚木北高(神奈川2)にPK戦の末に敗れている。MF三島康平(現相模原)が追撃ヘッドを決めながら鹿児島実高(鹿児島)に競り負けた05年と08年、09年はいずれも初戦で惜敗している。

 この10年間で4回出場の西武台高は01年大会で東京学館新潟高(新潟)、松蔭高(愛知1)を破って3回戦進出。優勝校・市立船橋高(千葉2)との3回戦では10番MF前田恭兵のゴールで追いついたものの、1-2で敗れた。西武台は大宮などでプレーしたDF福田俊介(現アヴェントゥーラ川口)や元草津のFW杉本裕之、元水戸のMF島田祐輝らを擁した04年も初戦を突破したが、2回戦でFW岡崎慎司(現ウエスカ)に先制点を奪われるなど、滝川二高(兵庫)に2-5で敗れている。

 西武台と同じく3回戦まで進出しているのが、埼玉栄高だ。MF町田也真人(現大分)が3年生だった07年大会で初出場。初戦で丸岡高(福井)にPK戦で敗れたが、地元開催だった翌08年大会に第1代表として連続出場すると、2年生DF

あわせて読みたい

川島永嗣のプロフィールを見る
ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「川島永嗣 + 評価」のおすすめ記事

「川島永嗣 + 評価」のおすすめ記事をもっと見る

「川島永嗣 + Instagram」のおすすめ記事

「川島永嗣 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「西川周作」のニュース

次に読みたい関連記事「西川周作」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月21日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 川島永嗣 Instagram
  2. 川島永嗣 ストラスブール
  3. 川島永嗣 評価

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。