イニエスタ、キャリアにおいて「非常に重要だった」監督はペップではなく…

イニエスタ、キャリアにおいて「非常に重要だった」監督はペップではなく…
バルセロナ時代を回想したMFアンドレス・イニエスタ

 ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、自身のキャリアにおいて重要だった指揮官はルイス・ファン・ハール氏だと明かした。イギリス『デイリー・スター』が報じている。

 バルセロナの下部組織出身のイニエスタがトップチームデビューを果たしのは2002年10月。当時18歳だった同選手を抜擢し、トップチームに定着させたのがファン・ハール氏だった。

 イニエスタはドイツ『キッカー』で「私はいつも、若い頃を含めて全ての監督のおかげだと言っている。私はみんなから学び、みんなが私をより良いサッカー選手にし、人として成長させてくれた」と若手時代を振り返り、その中でもオランダ人指揮官への感謝を語っている。

「私はルイス・ファン・ハールの下でデビューしたことが非常に重要だった。彼は私に信頼を寄せてくれて、私をプロのサッカー選手に変えてくれた」

 チームはその後、フランク・ライカールト監督政権を経て、2008年夏に就任したジョゼップ・グアルディオラ監督(現マンチェスター・C)とともに黄金期を築いた。

 圧倒的なパスサッカーで2度のUEFAチャンピオンズリーグ制覇を飾るなど、欧州史上最高のチームの1つと称され、イニエスタ自身もキャリアの絶頂期を迎えたと言える。

 この時期にW杯優勝も経験した元スペイン代表MFは、グアルディオラ監督時代のサッカーが「最も楽しかった」と回顧。「ペップがベンチにいて、シャビとリオネル・メッシがピッチにいて、一番楽しかった。そこで最も成功を手にすることができた」と当時を懐かしんだ。
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「イニエスタ + バルセロナ」のおすすめ記事

「イニエスタ + バルセロナ」のおすすめ記事をもっと見る

「イニエスタ + 評価」のおすすめ記事

「イニエスタ + 評価」のおすすめ記事をもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月28日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. イニエスタ バルセロナ
  2. イニエスタ 評価

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。