サッカー界騒然、GK山岸の土壇場V弾…山形の2014年ミラクル昇格はなぜ起きた? 奇跡につながるもう1つの“キセキ”

サッカー界騒然、GK山岸の土壇場V弾…山形の2014年ミラクル昇格はなぜ起きた? 奇跡につながるもう1つの“キセキ”
大一番で歴史的ゴールを決めた山岸範宏氏(当時山形)

 2014年のJ1昇格プレーオフで主役を演じたのはモンテディオ山形だった。

 リーグ戦6位で挑んだ敵地ヤマハスタジアムでの準決勝の磐田戦。1-1で終われば敗退となる窮地で迎えた後半アディショナルタイム、CKの場面で攻め上がったGK山岸範宏が頭で決勝ゴールを決め、一躍時の人となった。GKによるヘディング弾は当時Jリーグ史上初。昇格が懸かった大一番、そして終了間際の時間帯というレア度もあり、サッカー界に与えたインパクトは大きかった。チームはその勢いで決勝の千葉戦も制し、4年ぶりのJ1復帰を達成。この奇跡の昇格劇はいかにして生まれたのか。ターニングポイントとなった試合とともに、山形の2014年シーズンを振り返る。

 このシーズンの山形は、JFL時代を知る石崎信弘監督を16年ぶりに招聘した。開幕からの基本フォーメーションは4-2-3-1。ハイプレス主体のサッカーで、過去2年連続の10位から巻き返しを図った。

 だが、前半戦は勝ち切れない試合が目立ち、連勝もないまま二桁順位の時期が続く。5月末には正守護神だったGK清水健太が長期離脱の負傷に見舞われ、6月に浦和からの期限付き移籍で山岸を緊急補強。シーズン終盤にヒーローとなる男が加入した後も、すぐにその効果が表れたわけではなかった。

 J2折り返し地点での成績は8勝7分6敗の8位。後半戦の序盤は3連敗を喫するなど黒星が先行し、第29節終了時点でプレーオフ圏内と6ポイント差の11位に沈んでいた。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「モンテディオ山形 + 日本代表」のおすすめ記事

「モンテディオ山形 + 日本代表」のおすすめ記事をもっと見る

「モンテディオ山形 + 監督」のおすすめ記事

「モンテディオ山形 + 監督」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「FC岐阜」のニュース

次に読みたい関連記事「FC岐阜」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月5日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. モンテディオ山形 日本代表
  2. モンテディオ山形 監督
  3. モンテディオ山形 移籍

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。