「苦情が来るのは分かっていて言う」本田圭佑がプロ監督ライセンス不要論を熱弁

「苦情が来るのは分かっていて言う」本田圭佑がプロ監督ライセンス不要論を熱弁
「苦情が来るのは分かっていて言う」本田圭佑がプロ監督ライセンス不要論を熱弁

 ボタフォゴに所属するMF本田圭佑が、コーチングライセンス不要論を熱弁している。

 本田は先月末より、自身が代表を務める会社からトップランナーの声を届ける音声サービス「NowVoice」の提供を開始。本来は有料だが、新型コロナウイルス蔓延の影響を考慮し、5月31日までは完全無料となっている。

 その中で本田は「プロの世界に指導者ライセンスはいらない」と題した音声を更新。以前から訴えている持論について、「苦情が来るのは分かっていて言う」と熱弁を振るった。

 現在、日本サッカー協会(JFA)が定める公認指導者ライセンスは、階級ごとに始動できる対象が定められている。Jリーグなどプロクラブの監督になるためには、一番上のS級ライセンスが必要で、現時点での保有者は498人となっている。

 本田は「指導者プロライセンスは絶対いらない」と極論をぶつける。そして「誰にとってもあまりメリットはない」とすると、「キャリアを積んだJリーガーがすぐに監督になれた方がサッカー界にとって確実に有益。古いルールに縛られている。日本がもっと強くなって行こうと考えれば、いくつかある中の大きな一つ」と提言。

 さらに「もしかしたら他業種から相当優秀な人が成績を残すこともありえる。有名な人を連れてくることでクラブの人気にも繋がる。監督に必要な能力って、サッカーを知っているに越したことはないけど、横にいる人間がサッカーを知っていれば、トップはマネジメントさえできれば十分」と持論を展開した。

 しかし「不要だと言っているのはあくまでもプロのライセンス。子供を教えるライセンスは必要」と補足。「自分のために言っているわけではない。自分はJリーグで監督をやるつもりはない」とも話している。
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「苦情が来るのは分かっていて言う」本田圭佑がプロ監督ライセンス不要論を熱弁」の みんなの反応 1
  • 名無し 通報

    各クラブで頑張っている川島選手、権田選手、吉田選手、長友選手、高徳選手、内田選手、山口選手、香川選手、本田選手、岡崎選手、宮市選手、柿谷選手、大久保選手、乾選手、中村選手、その他の選手も頑張って下さい

    1
この記事にコメントする

「本田圭佑 + twitter」のおすすめ記事

「本田圭佑 + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

「本田圭佑 + ビジネス」のおすすめ記事

「本田圭佑 + ビジネス」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「宮市亮」のニュース

次に読みたい関連記事「宮市亮」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月13日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 本田圭佑 Instagram
  2. 本田圭佑 SVホルン
  3. 本田圭佑 twitter

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。