[J内定者の声]節目で力を発揮してきた男…仙台内定、流通経済大DFアピアタウィア久「やらなきゃいけない場面で力を発揮できる」

[J内定者の声]節目で力を発揮してきた男…仙台内定、流通経済大DFアピアタウィア久「やらなきゃいけない場面で力を発揮できる」
身体能力抜群のプレーを披露するDFアピアタウィア久

 ベガルタ仙台に内定したDFアピアタウィア久(4年=東邦高)は、流通経済大に入学する際に「プロになって帰ってきてね」と送り出してくれた母親への恩返しが出来たと素直に喜ぶことができる好青年だ。

 愛知県千種区出身。ガーナ出身で高校のネイティブティーチャーを務める父は元陸上短距離選手、日本人の母は中学時代にバスケットボールで東海大会に出場した実績を持つというサラブレッド。子供のころから運動神経は抜群で、小学校の運動会ではリレーのアンカーを任されると、半周差を追い抜いて優勝するという伝説を作った。ちなみに2歳年下の妹・蛍さんは短距離走で愛知県3位になった実績がある。

 サッカーは5歳で始めた。ポジションはずっとFW。「点を取るのが好きだった」という少年は、地元クラブの愛地FCですくすくと育った。しかし中学に上がると、急激な体系の変化に悩まされた。小学校を卒業するときは153cmだった身長が、3年間で183cmまで伸びた。そのために成長痛が収まらず、ほとんど試合に出ることが出来なかったという。それもあって、高校はどこのセレクションも受けることができず、一般入試で東邦高に進んだ。

 高校に進んでからもトップチームに絡むことはなかなかなかった。ただ大きな節目が訪れたのは高校2年生の冬。中京大学との練習試合で、突如CBで起用されることになった。「自分でもボールは収めることはできるけど、点が取れなくて、FWとしては壁を感じていた」。そして思いの外、自身でも手ごたえを感じることが出来た。「もしかしたらCBの方がいいんじゃないか」。この日を境に、CBアピアタウィア久が誕生することになる。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「ベガルタ仙台 + 移籍」のおすすめ記事

「ベガルタ仙台 + 移籍」のおすすめ記事をもっと見る

「ベガルタ仙台 + 日本代表」のおすすめ記事

「ベガルタ仙台 + 日本代表」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「名古屋グランパス」のニュース

次に読みたい関連記事「名古屋グランパス」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月21日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. ベガルタ仙台 日本代表
  2. ベガルタ仙台 移籍

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。