五輪延期で“兼任”効果大…? 反町技術委員長「森保監督が築き上げてきたものは間違っていない」

五輪延期で“兼任”効果大…? 反町技術委員長「森保監督が築き上げてきたものは間違っていない」
オンラインブリーフィングを実施した反町康治技術委員長(会議アプリ『Zoom』のスクリーンショット)
       

 日本サッカー協会(JFA)は21日、本年度初回の技術委員会をウェブ上で開催した。終了後、新たに技術委員長に就任した反町康治氏が報道陣向けのオンラインブリーフィングを実施。A代表、五輪代表ともに活動がストップしている中、「日程が決まった時に、大会や準備期間に良い形で入れるようにやっていかないといけない」と決意を述べた。

 サッカーの日本代表は2020年、新型コロナウイルスの世界的流行により、各大会への出場は3月になでしこジャパン(女子日本代表)がアルガルベ杯に臨んだのみ。今年最大のビッグイベントだった東京五輪は1年間の延期が決定した他、A代表もカタールW杯アジア2次予選が3月と6月ともに延期となっており、活動再開の時期も未定となっている。

 そうした中、森保一監督の兼任体制にも一つの壁が立ちはだかる。東京五輪の延期により2020年夏以降も五輪代表(来年のU-24日本代表)活動が続き、A代表のW杯予選と日程重複が避けられなくなっているからだ。A代表の国際マッチウィークは9月、10月、11月、来年3月、6月に予定されているが、いつからW杯予選を開催できるか不透明なことも見通しを難しくしている。

 すでに新型コロナ禍に入っていた3月29日から技術委員長に正式着任した反町氏も困惑を口にする。これまでの約2か月間、森保監督との会話はもっぱら電話やウェブを通じたもの。スタッフ陣も含めて週に1回、ウェブでミーティングをしているというが、いち早くリーグ再開を迎えた韓国やドイツの情報を共有するのみで「たわいもない話」(反町氏)にとどまっているようだ。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「なでしこジャパン」に関する記事

「なでしこジャパン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「なでしこジャパン」の記事

次に読みたい「なでしこジャパン」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月21日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. なでしこジャパン メンバー
  2. なでしこジャパン 監督
  3. なでしこジャパン 試合

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。