00~09年のインハイ奈良県代表成績_02年に奈良育英が県勢初の8強、09年一条も地元大会で躍進

00~09年のインハイ奈良県代表成績_02年に奈良育英が県勢初の8強、09年一条も地元大会で躍進
一条高は09年大会でベスト8進出。(写真協力=高校サッカー年鑑)
       

[2000~2009年のインターハイ奈良県代表校成績]

 2000~2009年のインターハイ奈良県代表の最高成績は02年の奈良育英高と、09年の一条高のベスト8だ。

 GK河原正治(元広島)やMF吉田智尚(元水戸)を擁した02年大会の奈良育英は、東海大五高(福岡)との初戦で0-2から6得点を奪い返して逆転勝ち。2回戦で岐阜工高(岐阜)を2-0で退けると、3回戦ではMF尾崎広明の先制ヘッドと吉田のゴールによって近大附高(大阪2)を2-0で破った。これで奈良県勢初となるベスト8進出。準々決勝は後半の2ゴールで国見高(長崎)に屈したが、奈良の歴史を塗り替えている。

 一条は地元・奈良開催だった09年大会で躍進した。初戦となった2回戦・徳島商高(徳島)はFW岡本一貴の2ゴールなどによって4-2で撃ち勝ち、インターハイ初勝利。続く3回戦では、MF中城諒(→同志社大)の仕掛けやGK小池洋平(→同志社大)を中心とした好守によって金光大阪高(大阪1)を3-0で退け、ベスト8へ駒を進めた。佐賀東高(佐賀)との準々決勝は一度逆転されながらも追いついたが、試合終了間際の失点によって2-3で競り負けている。

 奈良育英は00、01、03、08、09年にも出場。札幌などで活躍したMF西嶋弘之が10番を背負い、2年生FW石田雅人(元横浜FC)も擁した00年は初戦(対大船渡高)、2回戦(小野田工高)で西嶋が2試合連続決勝ゴールを決めた。3回戦では石田が同点ゴールを決めたが、富山一高(富山)に1-2で敗れた。奈良育英は地元開催の09年大会でもDF

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月25日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。