[J内定者の声]「就職に有利」と考えて進んだ大学サッカー…横浜FC内定、法政大DF高木友也は“神の地”で覚醒

       
[J内定者の声]「就職に有利」と考えて進んだ大学サッカー…横浜FC内定、法政大DF高木友也は“神の地”で覚醒
左サイドを駆け上がるDF高木友也

「今まで向こうから欲しいと言ってもらえる存在じゃなかったので、自分を評価してくれることが嬉しかった。ビッグクラブと言うより、自分を評価してくれるところに行きたかった」。法政大のDF高木友也(4年=法政二高)は、来春より横浜FCでプロサッカー選手としての第一歩を踏み出す。

 大学に入学して最初に行った長山一也監督との面談。そこで高木は「銀行員になりたい」という将来像を語った。将来はJリーガーを目指す選手ばかりで構成する集団を指導する指揮官も呆気にとられたという告白だったが、本人は大真面目に「就活に有利にしたい」という理想を描いていた。それほど、自分では現在の姿を思い描くことができないほどの選手だった。

 小学校の時はバディーSCで全日本少年サッカー大会を優勝するなど、エリート軍団の一員だった高木だが、多くのメンバーがJリーグの下部組織に進む中、受験したすべてのセレクションに落ちた。高校進学時も強豪の桐光学園高に進もうとしたが、こちらもサッカーのセレクションで不合格となった。

 高校は勉強との両立を考えて、法政二高に進んだ。「高校でサッカーは一区切り」。そう考えて悔いの残らないようにサッカーに打ち込んだ。すると高校3年生最後の高校選手権で9年ぶりとなる神奈川県ベスト4に入ることができた。そこで新たな道がひらけることになった。

「法政のセレクションを受けるためには、神奈川の選手権でベスト4に入らないといけなかった。それをクリアしたことで練習に来てほしいとなって、最後のひと枠を決めるセレクションに呼んでもらって、その場で合格。40人くらい受けていた中で1人受かればいいセレクションだったんですけど、本当にトントン拍子で決まりました」
ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月12日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。