[蹴活生ガイド2020(関西)]東福岡、同志社大で主将。DF児玉慎太郎はプロで活躍するために「違いを出せる選手」へ

[蹴活生ガイド2020(関西)]東福岡、同志社大で主将。DF児玉慎太郎はプロで活躍するために「違いを出せる選手」へ
同志社大のDF児玉慎太郎主将は「個人として違いを出せる選手」を目指す

 高校時代は名門・東福岡高でCBとして活躍。2年時にはインターハイと全国高校選手権の2冠達成に貢献し、最終学年では主将も務めた。華々しいキャリアを持って同志社大へ進学したDF児玉慎太郎(4年)が、大学生活最後の1年をスタートさせている。

 2年ぶりの関西学生1部リーグに挑む今季は、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で前期リーグと総理大臣杯が中止となった。「主将として、全国大会に出て日本一を目指すチーム作りを進めてきた。プロも目指しているのでアピールの場が減り、中止を知った直後はかなり落ち込んだ」が、すでに気持ちを切り替えている。

「後期リーグだけの一発勝負を経験するのは、全チームが初めて。年間を通じた戦いを知っている上位勢との差がなくなったのは僕たちにとって追い風だと思う」。活動中止期間中はZoomを使った全体でのトレーニングに加え、チームメイトのモチベーションを高めるため話を重ねてきた。チームとしての手応えも十分で、試合が出来る日を待ちわびている。

 大学生活最後の一年に、気持ちを昂らせるのには理由がある。自身の高校3年時、同志社大が開幕戦で前年度インカレ準優勝の阪南大に勝利したことを知り、「このチームなら、もう一度全国を目指して戦えると思った」と早々と入学を決意した。しかし、開幕以降は同志社の勝ち点が伸び悩み、児玉が入学した年には2部リーグに降格。以降は、1部と2部の行き来を繰り返し、目標としていていた全国大会への出場は一度も果たせていない。個人としても、「1部で戦うと、自分の実力不足も痛感させられた」と振り返る。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月7日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。