「我々とは違う」“世界一”の名将デル・ボスケ氏、「いつも思い出す」のはいつのW杯日本代表チーム?

「我々とは違う」“世界一”の名将デル・ボスケ氏、「いつも思い出す」のはいつのW杯日本代表チーム?
10年前にスペインを世界一に導いたビセンテ・デル・ボスケ氏
       

 元スペイン代表監督のビセンテ・デル・ボスケ氏がスペイン『アス』のインタビューに応じ、ワールドカップでの自国の戦いを語る中で日本代表について触れている。

 2010年の南アフリカ大会でデル・ボスケ氏に率いられたスペインは、“ティキ・タカ”と呼ばれる華麗なパスサッカーで初の世界チャンピオンに輝いた。しかし、連覇を目指した2014年のブラジル大会はまさかのグループリーグ敗退。2018年のロシア大会は決勝トーナメント1回戦で開催国に敗れている。

 デル・ボスケ氏は早期敗退が続くスペインについて「(世界王者として)あれだけ大きな責任を背負うと、負けるのは苦痛だ」と話しつつ、「だが、1つの結果によって苦しむことは決してない。私はロシアW杯で勝ち上がるに値しながらも敗退した日本人たちをいつも思い出す。彼らはドレッシングルームを掃除して帰ったんだ。おそらく我々とは違う。しかし、サッカーでは常に次があるんだよ」と説いた。

 日本はロシアW杯でスペインと同じくベスト16で涙をのんだ。ロストフで行われた決勝トーナメント1回戦で対戦したのは、最終的に3位となったベルギー代表。強国を相手にMF原口元気、MF乾貴士のゴールで一時2-0としたが、連続失点で追いつかれると、終了間際にカウンターから決勝ゴールを許した。あと一歩のところで史上初の8強進出を逃した一戦は、“ロストフの悲劇”として語り継がれている。

 そうしたショッキングな敗戦だったにもかかわらず、日本の選手たちは試合後、ドレッシングルームを綺麗に掃除。さらに開催国のロシア語で「ありがとう」と書いたメモを残し、多くの海外メディアから称賛の声を集めた。スペインの名将も当時の日本の振る舞いは強く印象に残っているようだ。
2018W杯ロシア大会特集ページ

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「我々とは違う」“世界一”の名将デル・ボスケ氏、「いつも思い出す」のはいつのW杯日本代表チーム?」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    .あなたはフットボールのファンですか?女の子、サッカーも大好きです。自由で熱い知り合いを気にしないでください。(リンクをコピー)>> abre.ai/webnn

    0
この記事にコメントする

もっと読む

「サッカー日本代表」に関する記事

「サッカー日本代表」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月13日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。