デポルティボの再開初戦はドロー、フル出場の柴崎岳が安定感もたらすも5戦勝ちなし

       
デポルティボの再開初戦はドロー、フル出場の柴崎岳が安定感もたらすも5戦勝ちなし
デポルティボMF柴崎岳

[6.14 スペイン2部第32節 デポルティボ0-0スポルティング・ヒホン]

 スペイン2部リーグは14日、再開初戦の第32節を行い、MF柴崎岳所属のデポルティボスポルティング・ヒホンと0-0で引き分けた。ボランチで先発した柴崎は安定したプレーでフル出場。前半には惜しいスルーパスを通す場面もあったが、得点は生み出されなかった。

 今季のデポルティボは開幕戦に勝利した後、9分10敗の長いトンネルに突入。そこから柴崎の復調もあって7連勝で一気に降格圏を脱したが、新型コロナウイルスによる中断前は2分2敗と再び停滞が続いていた。この日は3月7日の第31節エルメリア戦(●0-4)以来、3か月ぶりの公式戦。5試合ぶりの勝利をかけてホームゲームに臨んだ。

 序盤はデポルティボが優勢。前半16分、柴崎が相手とのデュエルを制して最終ラインのギャップを突くスルーパスを通したが、FWサビン・メリノのクロスは味方に通らず。23分には中盤を割られて相手FWに抜け出されたが、シュートはポストに当たって救われた。41分にもピンチが訪れるも、FWカルロス・カルモナのボレーシュートはGKダニ・ヒメネスが止めた。

 後半1分にもデポルティボのチャンス。MFエムレ・コラークのスルーパスに抜け出したMFエネコ・ボベダがPA内右から狙うも、シュートはわずかに左へ外れた。中盤で幅広いポジションを取りながらゲームメークに徹していた柴崎は25分、相手選手2人をライン際で背負い、ノールックのヒールパスで味方につなぐ美しいプレーも見せた。

 後半41分、柴崎がゴール前のFKを意表を突いた形で右サイドに出すと、そこからFWクリスティアン・サントスのヘディングシュートにつながったが惜しくも枠外。そのまま試合は終了し、デポルティボの再開初戦は勝ち点1に終わった。勝てば降格圏脱出のチャンスだったが、19位にとどまった。
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

あわせて読みたい

柴崎岳のプロフィールを見る
ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「柴崎岳 + 年俸」のおすすめ記事

「柴崎岳 + 年俸」のおすすめ記事をもっと見る

「柴崎岳 + 移籍」のおすすめ記事

「柴崎岳 + 移籍」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「井手口陽介」のニュース

次に読みたい関連記事「井手口陽介」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月15日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 柴崎岳 Instagram
  2. 柴崎岳 twitter
  3. 柴崎岳 ヘタフェ

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。