00~09年のインハイ長崎県代表成績_MF大久保嘉人やFW平山相太が全国決勝でゴール。国見が00、03、04年に全国制覇


[2000~2009年のインターハイ長崎県代表校成績]

 2000~2009年のインターハイ長崎県代表は、国見高が00年、03年、04年と3度の日本一を勝ち取っている。00年大会はMF大久保嘉人(現東京V)やFW松橋章太(元大分)、DF川田和宏(元大分)、2年生DF徳永悠平(現長崎)、2年生GK徳重健太(現長崎)らの力で3度目のインターハイ制覇。大久保が初戦からハットトリックを達成するなど勝ち上がった国見は、準々決勝で清水市商高(静岡)と対戦。2-0から追いつかれたものの、FW蒲原達也(元鳥栖)と大久保のゴールによって突き放し、強豪対決を制す。前回優勝校・八千代高(千葉2)との準決勝は、松橋の先制ゴールなど前半の3ゴールによって3-0で快勝。決勝では國學院久我山高(東京2)に先制されたが、大久保の6試合連続ゴールとなる同点弾と、松橋の決勝点によって2-1で逆転勝ちした。00年度の国見はインターハイ、国体、選手権の3冠を成し遂げている。

 地元開催だった03年大会はFW平山相太(元FC東京)やFW兵藤慎剛(現仙台)、MF中村北斗(元福岡)、GK関憲太郎(現仙台)、2年生MF渡邉千真(現G大阪)、2年生MF藤田優人(現甲府)ら充実の戦力で4度目の優勝。初戦から平山や兵藤、渡邉がゴールを連発し、丸岡高(福井)を6-1、大津高(熊本)を5-0、大分高(大分)を6-0で破って準決勝進出を果たす。準決勝では市立船橋高(千葉1)との好勝負を兵藤の決勝点によって1-0で勝利。連覇を狙った帝京高(東京1)との決勝は、0-0で突入した延長前半8分に平山がダイビングヘッドでVゴールを決め、史上3校目となる開催地優勝を成し遂げた。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

大久保嘉人のプロフィールを見る
ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「大久保嘉人」に関する記事

「大久保嘉人」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「大久保嘉人」の記事

次に読みたい「大久保嘉人」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク