“セクシーフットボール”の深層(中)~夢を持ち続ける限り、夢は叶う~

       
“セクシーフットボール”の深層(中)~夢を持ち続ける限り、夢は叶う~
野洲高の選手たちは歩みや学びを止めない。その代表格がMF乾貴士だ。(写真協力=高校サッカー年鑑)

 山本佳司(現甲南高教頭)が就任6年目を迎えた2002年の野洲高は、初めて全国高校選手権に出場し、ベスト8まで進んだ。この年のエースは卒業後、柏へと進んだ中井昇吾。パスとドリブルを巧みに使い分け、相手ゴールに迫る155cmの小柄なテクニシャンで、当時1年生だった松尾元太(元・名古屋、現・大阪体育大監督)は、「とにかく上手くて、初めてこれほど高いレベルのサッカーを経験した。練習で緊張したのも、この時が初めて」と振り返る。

 選手権での実績が評価され、翌2003年にはU-17日本代表のコーチも経験した山本だが、「選手にサッカーを教えようなんて思ったことは一度もない」とキッパリと言い切る。「サッカーは選手自身が学ぶものだ」「子どもたちの夢を育てるのが自分の仕事だと思っている。夢を持った志が高い子どもなら、乾(貴士)みたいに指導者に言われなくても勝手に練習する。その環境を作ってあげるのが仕事」。プロに行ってから、日本代表に選ばれてから、海外に渡ってからも乾は、“上手くなりたい”との夢を見失わない。今でも山本との会話では、「メッシは次元が違う。あんな選手を見ると、練習せなアカン」と言葉が返ってくる。

「30歳を過ぎても『まだ上手くなりたい、メッシみたいになりたい』と小学生みたいな言葉を純粋な目で口にする乾は凄い」と笑う山本は、こう続ける。「小学生の頃は『Jリーガーになりたい』と口にしていても、年齢を重ねるうちに現実を知ったり、失敗を重ねると夢が無くなっていく。高校1年生で目をキラキラ輝かせて、『僕はプロになるために野洲高校に来ました!』という子どもが、学年が上がるうちに夢が小さくなっていくのを見るのは寂しい。『夢は叶うのだ』と粘り強くいろんな角度から伝えることで選手のモチベーションを高め、夢を保てるような後押しをしてあげるのが大人の仕事。夢が膨らんで2年生になり、3年生でプロが無理でも『ほら次のステージで頑張ってこいよ』と送り出す作業を野洲ではやってきたと思う。もちろんサッカーではなく、違う道で成功したいと思ったらそれはそれで良い」

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月31日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。