不和報道のバルセロナ、強敵アトレティコに勝ち切れず…メッシの“大記録”弾実らず連続ドロー

不和報道のバルセロナ、強敵アトレティコに勝ち切れず…メッシの“大記録”弾実らず連続ドロー
この日もコーチングスタッフとの対立が垣間見えたバルセロナ

[6.30 リーガ・エスパニョーラ第33節 バルセロナ2-2A・マドリー]

 リーガ・エスパニョーラは6月30日、第33節を各地で行い、バルセロナアトレティコ・マドリーと2-2で引き分けた。オウンゴールとFWリオネル・メッシのキャリア通算700ゴール目で2度も勝ち越したものの、2つのPKを与えて2失点。今節で首位のR・マドリーが勝利した場合、勝ち点4差がつく状況となった。

 新型コロナウイルスによる中断期間を首位で迎えたが、再開後の成績は3勝2分と振るわないバルセロナ。R・マドリーに首位を譲って勝ち点2差をつけられている上、コーチングスタッフと選手の不和が報じられるなど、ネガティブなムードがチームを取り巻いている。そうした中、3位のA・マドリーとのホームゲームに臨んだ。

 試合は思わぬ形で動いた。バルセロナは前半11分、メッシが右からのコーナーキックをゴール前に蹴り込むと、FWジエゴ・コスタの股下に当たったボールが軌道を変えてゴールマウスへ。これがオウンゴールとなり、バルセロナが先制した。

 それでもA・マドリーは前半15分、左サイドでDFジェラール・ピケをかわしたFWヤニック・ フェレイラ・カラスコがペナルティエリア内に猛スピードで侵入すると、寄せてきたMFアルトゥーロ・ビダルに倒されてPKを獲得。これをキッカーのD・コスタがゴール正面やや右に蹴ると、GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンがストップした。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「メッシ + バルセロナ」のおすすめ記事

「メッシ + バルセロナ」のおすすめ記事をもっと見る

「メッシ + アルゼンチン代表」のおすすめ記事

「メッシ + アルゼンチン代表」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「クリスティアーノ・ロナウド」のニュース

次に読みたい関連記事「クリスティアーノ・ロナウド」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月1日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. メッシ Instagram
  2. メッシ twitter
  3. メッシ アルゼンチン代表

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。