柴崎フル出場のデポル、劇的黒星で残留持ち越し…相手は降格決定済、Bチーム5人起用、サブ5人削減で試合後には物議

柴崎フル出場のデポル、劇的黒星で残留持ち越し…相手は降格決定済、Bチーム5人起用、サブ5人削減で試合後には物議
フル出場したデポルティボMF柴崎岳

[7.12 スペイン2部第40節 デポルティボ2-3エストレマドゥーラ]

 スペイン2部リーグは12日、第40節を各地で行い、MF柴崎岳所属のデポルティボがGK山口瑠伊所属のエストレマドゥーラに2-3で敗れた。前節で降格が決まったエストレマドゥーラはBチーム所属選手を先発で2人、途中出場で3人も起用し、控え12人枠のうち7人しか遠征に帯同させないという異例の編成だったにもかかわらず、デポルティボは残留決定が持ち越しとなる痛い2連敗を喫した。

 先にスコアを動かしたのはデポルティボだった。前半4分、右サイドを突破したMFビクトル・モジェホのクロスにDFダビド・シモンが頭で合わせ、ネットを揺らした。ところがその後の一進一退の攻防でゴールを奪えずにいると、後半23分にセットプレーで崩され、DFフランシスコ・モンテーロのオウンゴールで同点に追いつかれた。

 さらにデポルティボは後半39分、相手ゴールキックの処理をモンテーロが誤り、そこからFWオスカル・ピンチに決められて逆転を許す。44分にはモジェホのクロスからFWクリスティアン・サントスが同点ゴールを決めたものの、アディショナルタイム2分に中盤でのパスミスから再びピンチに決められ、劇的な形で敗れた。

 なお、デポルティボのフェルナンド・バスケス監督は前節まで2試合のベンチ入り停止処分を課されていたが、前節終了後にロッカールーム付近で審判に圧力をかけたとしてさらに3試合の制裁が追加。シーズン終了までスタンドで見守ることが決まっている。地元紙『ラ・ボス・デ・ガリシア』によると、指揮官はこの日の試合後に「責任と恥ずかしさを感じている」と述べた。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「柴崎岳 + 年俸」のおすすめ記事

「柴崎岳 + 年俸」のおすすめ記事をもっと見る

「柴崎岳 + 移籍」のおすすめ記事

「柴崎岳 + 移籍」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「井手口陽介」のニュース

次に読みたい関連記事「井手口陽介」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月13日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 柴崎岳 Instagram
  2. 柴崎岳 twitter
  3. 柴崎岳 ヘタフェ

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。