米国在住WEリーグ岡島“チェア”が初会見、次々語ったビジョン「女子選手に老後資金の貯め方を…」

米国在住WEリーグ岡島“チェア”が初会見、次々語ったビジョン「女子選手に老後資金の貯め方を…」
会見に出席した岡島喜久子初代チェア(オンライン会議アプリ『Zoom』のスクリーンショット)
       

 日本初の女子プロサッカーリーグ「WEリーグ」の岡島喜久子初代チェアが13日、日本サッカー協会(JFA)のオンライン会見に出席した。38年間にわたって金融機関で活躍してきたバックグラウンドを生かし、「長期的に成功させていくには、WEリーグの理念に協賛していただけるパートナー企業を探さないといけない」と自立的な経営に意欲を示した。

『Women Empowerment』をテーマとするWEリーグの発足に際しては今月1日、運営団体「一般社団法人日本女子プロサッカーリーグ」が設立。3日の社員総会で、岡島氏が初代代表理事に選任された。呼称は「チェア」に決定。男子Jリーグでは「チェアマン」と呼ばれる役職だが、「マン」が男性を示すため、英語圏で役職者に使われている「チェア」が採用された。

◆サッカー界とのつながり
 1958年生まれの岡島氏は東京都出身。中学2年時に男子サッカー部で競技を始め、その後日本初の女子クラブチーム「FCジンナン」でプレーを続けた。見るほうでも、高校時代は国民体育大会、全国高校選手権大会など1年間に180試合ほどの試合を観戦。1歳年上のJFA田嶋幸三会長が浦和南高で全国制覇を成し遂げた試合も現地で見ていたという。

 早稲田大に進学後はJFAでアルバイトをしながら、79年の日本女子サッカー連盟設立時には初代理事に就任。卒業後は「土曜日が休みだったのが一番大きい」という理由でケミカルバンク(現JPモルガン・チェース銀行)東京支店に就職しながら、日本女子サッカー連盟の第2代事務局長を務めるなど女子サッカーの礎を築いた。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月13日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。