先輩の助言受けて折れずに努力を継続。前橋育英MF櫻井辰徳は日本一、そして「世代でナンバー1のボランチに」

先輩の助言受けて折れずに努力を継続。前橋育英MF櫻井辰徳は日本一、そして「世代でナンバー1のボランチに」
拡大する(全1枚)
前橋育英高の注目ボランチ、MF櫻井辰徳

 直近の目標は高校日本一、そして「世代でナンバー1のボランチになる」ことだ。前橋育英高(群馬)のMF櫻井辰徳(3年)は、U-17日本代表候補歴を持つボランチ。すでにJ1、J2の複数クラブが関心を寄せるなど、その進路にも注目が集まっている。

 今月11日には、新型コロナウイルスによる活動自粛が明けてから初めての練習試合。前日に左足首を負傷していた櫻井だが、県内のライバル・桐生一高との一戦に志願して出場する。空いたスペースをドリブルで駆け上がったほか、縦パスで攻撃をスピードアップさせたり、サイドチェンジを見せたりするシーンもあったが、本人にとってはチームのコンビネーション面含めて不満の内容。試合に敗れ、駆けつけたスカウト陣の前で良さを発揮することもできなかった。

 ただし、悲観はしていない。「全部が悪かった訳じゃないので、悪かったところを気づけたという部分では良い収穫だったし、これから課題に対して全員がしっかり取り組んでいければどんどん良くなっていくと思います。こういう練習試合ができたことをまずプラスに捉えて、できたこと、できなかったことをはっきりさせて、また練習試合があるので、今日よりも個人としても、チームとしても良いプレーができればと思っています」と前向きだった。

 右足から美しい軌道のプレースキックを蹴り込むほか、左右両足で正確な長短のパスを繰り出す。ゲームメーク力の高さ、180cm近い身長も含めて将来を有望視されるボランチだ。もう少し発掘される時期が早ければ、U-17ワールドカップ出場も十分にあり得たと言われる逸材。だが、ワールドカップメンバーには届かず、日本一を目指した選手権は大会直前に負傷し、欠場した初戦でチームが敗退してしまう。

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「高校サッカー」に関する記事

「高校サッカー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「高校サッカー」の記事

次に読みたい「高校サッカー」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月16日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 高校サッカー 千葉
  2. 高校サッカー 大阪
  3. 高校サッカー 女子

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。