町田内定CB奈良坂巧が桐光学園で貫いた「試合で100%出し切る」「何かを学ぶ」姿勢。先輩封じて「成長したな」と言われるDFへ

町田内定CB奈良坂巧が桐光学園で貫いた「試合で100%出し切る」「何かを学ぶ」姿勢。先輩封じて「成長したな」と言われるDFへ
FC町田ゼルビア入りが内定した桐光学園高CB奈良坂巧。(写真協力=高校サッカー年鑑)
       

 残り半年の高校生活でも学び続け、先輩に成長した姿を見せる。FC町田ゼルビアは10日、桐光学園高(神奈川)CB奈良坂巧の2021年シーズンへ向けた加入内定と仮契約を結んだことを発表した。

 奈良坂は昨夏のインターハイでチームの中心選手として日本一。大会優秀選手に選出され、今年は日本高校選抜候補にも選出された大型DFだ。桐光学園進学時はトップ下やボランチの選手。チーム内での評価がトップクラスだった訳ではない。それでも、桐光学園で常に全力を出すこと、学ぶことを貫き、それをCBでの成長に繋げてきた。

 奈良坂は桐光学園に入学してからの2年半で得たことについて、「どんな時も諦めずに100%を出し切るというところです。多少厳しい試合になったとしても、そこから学べるものが必ずあるので、気持ちを切らさずに、全員でその試合からまだ何かを学ぼうという姿勢を見せるというところが、自分自身一番大きな成長になったと思います」と説明する。

 どんな試合でも常に100%の力を発揮し、学ぶこと、次に繋げること。常に1試合1試合から学び、成長することを繰り返してきたからこそ、インターハイ日本一を獲得し、高体連屈指のCB、プロ内定選手になることができた。

 その奈良坂はプロ入り後に偉大な先輩FW西川潤(現C大阪)と対決することを心待ちにしている。1年時には「自分はとてつもないくらいの差を見せつけられて、こういう選手がプロに行くんだと」衝撃を受けたという。だが、高校ナンバー1プレーヤーの背中を追いながら努力を続け、自身もプロ入り。高校1年時に衝撃を受けた選手とプロのピッチで戦う可能性もある。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月10日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。