「山梨で一番速い男」から市船の高速SBへ。DF長田の目標は先輩の湘南DF超え


[9.27 プレミアリーグ関東第3節 市立船橋高 0-0 FC東京U-18 グラスポ]

 中学時代「山梨で一番速い男」に輝いた長田京兵(3年)が現在、名門・市立船橋高サッカー部の右サイドでその走力を発揮している。

 長田はこの日、右WBとして先発フル出場。そのスピードを活かしてFC東京U-18のDF網へ切れ込み、FKを獲得するなど奮闘した。守備ではマッチアップした強力MF角昂志郎(3年)に苦戦しながらも、同サイドのMF八木智哉(3年)と連動した守備。幾度か攻略されそうになりながらも粘り強い対応でゴールから遠ざけていた。

 また、後半30分には角の決定的なシュートをゴールライン手前でブロック。加えて、「1試合通して走り負けだけは絶対にしないように心掛けていて。体力とか、そういう部分では対等にやれるんじゃないかなと思っていました」という長田は試合最終盤に右サイドでスプリントを連発し、クロスまで持ち込んでいた。

 長田のストロングポイントは走力だ。山梨県出身で鰍沢中時代はフォルトゥナU-15に所属。その一方、陸上競技の800m走で山梨県チャンピオンに輝いている。「自分、本当小さい学校の出身で、全校生徒50人いないくらいの。それで(陸上の大会に)学校から何人か出ないといけない。で、地区大会出てみたら1位になっちゃって。そのまま県大会でも」。2年男子800走で山梨県大会を制した長田は、翌年の共通男子800m走でも優勝。関東大会に出場している。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク