GK東口が好守連発! 完封&複数得点のG大阪が4連勝、決定機逃し続けた鹿島は2連敗


[10.3 J1第20節 G大阪2-0鹿島 パナスタ]

 J1リーグは3日、第20節を行い、ガンバ大阪鹿島アントラーズを2-0で破った。7月26日の第7節神戸戦(◯2-0)以来となる無失点と複数得点の両立に成功したG大阪はこれで4連勝。一方の鹿島は前節で連勝がストップしたが、そこから2連敗となった。

 ホームのG大阪は前節の広島戦(◯2-0)から先発1人を変更。FWアデミウソンに代わってFW宇佐美貴史が起用された。磐田への期限付き移籍が広く報じられているMF遠藤保仁はメンバー外となった。対する鹿島は7連勝が止まった前節の大分戦(●0-2)から4人を変更。MF小泉慶、DF犬飼智也、MFレオ・シルバに加え、MF土居聖真が3試合ぶりに入った。

 最初の決定機は鹿島。前半7分、G大阪のGK東口順昭からのロングキックを犬飼が力強くヘディングでつなぐと、レオ・シルバ、MFファン・アラーノがつないで背後にスルーパスを送り込む。これに反応したのは土居。しかし、寄せてくるDF昌子源との距離を保ちながら放ったシュートは大きく枠を外れた。

 前半13分にはG大阪にチャンス。MF倉田秋とのワンツーで左のハーフスペースを攻略したMF井手口陽介が斜めのパスを送ると、宇佐美がゴール正面から強烈なシュートを放った。しかし、うまく抑えたボールはGK沖悠哉が横っ飛びでスーパーセーブ。21歳の守護神が失点のピンチから救った。

 その後、鹿島はエヴェラウドの滞空時間の長いジャンピングヘッドやMF
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ガンバ大阪」に関する記事

「ガンバ大阪」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ガンバ大阪」の記事

次に読みたい「ガンバ大阪」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク