[MOM3223]昌平FW小見洋太(3年)_新潟内定発表後の初戦。「シュート」「振り抜くこと」意識して2発

[MOM3223]昌平FW小見洋太(3年)_新潟内定発表後の初戦。「シュート」「振り抜くこと」意識して2発
拡大する(全1枚)
昌平高の新潟内定FW小見洋太は2ゴール

[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[10.4 プリンスリーグ関東第5節 前橋育英高 2-3 昌平高 前橋育英高高崎G]

「ここまでシュートを意識した試合はそんなになかったので、ここで結果が出せたというのは今後の自信にも繋がりますし、前節で学んだことを今節で活かせたところがあった」。昌平高の新潟内定FW小見洋太(3年)は高いシュート意識を持ってこの試合に臨んでいた。

 前節の川崎F U-18戦は攻めながらもチーム全体がシュート本数を増やせず、0-1で敗戦。その反省から、「ゴール前に来たら振り抜くことを意識してやっていた」という小見はファーストチャンスから積極的に足を振ることを意識し続け、2得点を叩き出した。

 前半13分、MF小川優介(3年)とのホットラインからDF背後へ抜け出し、GKのタイミングを外すシュートで1点目。その後、思い切りの良い左足シュートなどでゴールを狙い続けた小見は、後半13分にMF柴圭汰(3年)の右クロスから右足ボレーをねじ込んだ。

 ハットトリックこそ逃したものの、シュートレンジで感覚的に足を振り、特長である動き出しの良さも発揮。ストライカーとしての怖さを発揮した小見は「結局、FWというのは点取れば良いと思っているので、形もですけれども取り切るところが大事。チームの勝利に繋げられることもFWの役目だと思うので、そこはしっかり今日は仕事ができたのかなと思います」と胸を張った。

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「高校サッカー」に関する記事

「高校サッカー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「高校サッカー」の記事

次に読みたい「高校サッカー」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月7日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 高校サッカー 千葉
  2. 高校サッカー 大阪
  3. 高校サッカー 女子

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。