柴崎岳が振り返るカメルーン戦「ビルドアップが淡白だった」「先に監督がアクションしてくれた」

柴崎岳が振り返るカメルーン戦「ビルドアップが淡白だった」「先に監督がアクションしてくれた」
日本代表MF柴崎岳(レガネス)
       

 森保ジャパンにとって2020年初陣となったカメルーン戦から一夜明け、日本代表MF柴崎岳(レガネス)が0-0に終わった試合を振り返った。

 オンライン取材の冒頭では約11か月ぶりとなる日本代表戦に感慨も語った柴崎。「約1年ぶりに日本代表のピッチで試合ができて、個人的には楽しかった。この状況下で試合を届けられたのは一つ、この世界情勢の中でポジティブなニュースになった思う」。その後、主題は試合のディテールに移っていった。

 カメルーン戦における大きなトピックはまず、前半4-2-3-1、後半3-4-2-1という二つのシステムを使い分けたことだった。前半は相手が繰り出す最終ライン3枚+アンカー1枚でのビルドアップに対し、プレスがハマらない時間帯が長く、森保一監督がハーフタイムに布陣変更を決断。その結果、交代投入されたMF伊東純也の働きもあり、後半は優位に試合を進められるようになった。

 柴崎もこの決断を前向きに受け止めていたという。「後半はフォーメーションを変えて、ある程度、相手に対して守備面で圧力をかけやすくなった。僕もハーフタイムに入った時にどう話そうかなと思っていたら、先に監督がアクションしてくれたので、それだったらいいかなというふうに思った」と振り返った。

 一方、課題として残ったのは前半の試合運びだった。

「奪った後のビルドアップの部分が非常に淡白だったと感じた。それによって守備に追われる時間が長くなった。ボールを奪った後のアクションや、ビルドアップがいまいちチームとして意識に欠けていた。やっていても感じたし、あとから見返していてもやっぱりそうだったなと感じた。個人的にはそういったところで、横パスとか後ろにサポートすることを意識したけど、なかなかそういった時間をつくりきれなかった」。

当時の記事を読む

柴崎岳のプロフィールを見る
ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「柴崎岳」に関する記事

「柴崎岳」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「柴崎岳」の記事

次に読みたい「柴崎岳」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月10日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 柴崎岳 Instagram
  2. 柴崎岳 twitter
  3. 柴崎岳 ヘタフェ

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。