[関東]中央大DF松本大輔、「夢みたい」なトントン拍子で決まった鳥栖内定

[関東]中央大DF松本大輔、「夢みたい」なトントン拍子で決まった鳥栖内定
拡大する(全1枚)
中央大のDF松本大輔

[10.10 関東大学L1部第12節 慶應義塾大0-0中央大 AGFフィールド]

 前期最終節で辛くも最下位を脱出していた中央大は、後期初戦をスコアレスドローで終え、勝ち点1を積み上げた。

 ただ後半、いくつか迎えた決定機を決めきれなかったという印象も残した。CKから迎えたチャンスを決めきれなかったDF松本大輔(4年=帝京三高/鳥栖内定)も「ああいうCKはCBにとって武器になるところなので、決めきらないといけない」と唇を噛んだ。

 驚きの発表だった。サガン鳥栖から『松本大輔選手(中央大学)2021シーズン新加入内定お知らせ』というリリースが出されたのは今年2月。大学の選抜チームなどにも選ばれたことのない“無名CB”のJ1クラブへの内定発表だった。

 運命の針が動き始めたのは昨年度の大学選手権(インカレ)。先輩DF安部崇士(現徳島)の怪我によってCBでの先発機会が巡ってきたことから始まる。そして準々決勝の関西王者・大阪体育大戦ではFW林大地(現鳥栖)をシャットアウト。さらにセットプレーから2ゴールを奪う圧巻のパフォーマンスを披露し、チームを4強へと導いた。

 鳥栖のスカウトからは準決勝後に声を掛けられたという。ほどなくしてキャンプへの参加が決定。そして「自分の良さは発揮できた」と自身でも手ごたえを感じたというキャンプを終えると、2週間後には獲得オファーが届き、正式契約に至った。

「夢みたい、現実じゃないんじゃないか」

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「サガン鳥栖」に関する記事

「サガン鳥栖」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「サガン鳥栖」の記事

次に読みたい「サガン鳥栖」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月10日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. サガン鳥栖 Instagram
  2. サガン鳥栖 フェルナンド・トーレス

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。