絶好の出場機会も無得点、FW鈴木武蔵が欧州でのレベルアップに決意「いまは大迫選手に勝てなくても…」

絶好の出場機会も無得点、FW鈴木武蔵が欧州でのレベルアップに決意「いまは大迫選手に勝てなくても…」
日本代表FW鈴木武蔵(ベールスホット)
       

[10.13 国際親善試合 日本1-0コートジボワール ユトレヒト]

 絶対的エースとは異なる武器も見せたが、ゴールという結果をもたらすことはできなかった。日本代表FW鈴木武蔵(ベールスホット)は試合後のオンライン取材で「さらに成長しないといけない。毎試合結果を出せるよう考えてやって、さらに周りから成長したねと言ってもらえるように日々頑張ってやっていきたい」と述べた。

 今回のオランダ遠征では、スペインで華麗な復活を遂げたFW岡崎慎司が負傷のため招集を辞退し、絶対的エースのFW大迫勇也がチーム事情で途中離脱。唯一のFW登録選手となった鈴木にとっては、コートジボワール戦が絶好のチャンスだった。

 そうした意気込みは試合でもしっかりと表れていた。まずは前半2分、ペナルティエリア内右を打開してMF久保建英に正確なクロスを通すと、同6分にもポストプレーでMF伊東純也の突破をサポート。32分にもMF柴崎岳との連係で右サイドを攻略するなど、ときおり足下でのミスはありながらもダイナミックな攻撃を展開した。

 さらに後半は相手がやや主導権を握ってきた中、前線のスペースでカウンターの最先鋒となり、力強いボールキープから前を向く場面も。「動き出しを意識して、相手の脅威になる場所に走ろうと意識していて、何度かここに来ればというシーンもあった」(鈴木)。そうした推進力は大迫にはない武器だ。

 もっとも、欧州で経験を積み重ねてきた大迫に比べ、ハイレベルなディフェンス陣に対する経験不足が感じられる場面も目立った。DFエリック・バイリー(マンチェスター・U)とのマッチアップを振り返った鈴木は「入れ替わろうと思ってトラップしたけど、予測というか、相手のDFの感覚が長けていた。何十cmの世界だけど、もっと極めていかないと」と課題も語った。

 それでも今夏、念願だった欧州移籍のチャンスを掴み、いまはベルギーで経験を積み重ねられる環境にいる。「海外に来てよりハングリーになれた。いまは大迫選手に勝てなくても、自分が一番だと証明してやるという強い気持ちは代表に来てすごくある」とライバル意識を燃やした26歳はこの経験を糧に「チームに帰ってさらに得点できるようにやっていきたい」と成長を誓った。

(取材・文 竹内達也)

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「サッカー日本代表」に関する記事

「サッカー日本代表」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月14日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。