スローガンは「ナンバー1成長率」。コロナ禍でも成長続けた札幌大谷が延長戦制して決勝へ:北海道

スローガンは「ナンバー1成長率」。コロナ禍でも成長続けた札幌大谷が延長戦制して決勝へ:北海道
延長戦を制した札幌大谷高が拳を突き上げる
       

[10.24 選手権北海道予選準決勝 札幌大谷高 3-2(延長)北海高 厚別]

 札幌大谷が5年ぶりの全国へ王手! 第99回全国高校サッカー選手権北海道予選は24日に準決勝を行い、札幌大谷高北海高が激突。2度のビハインドを追いついた札幌大谷が延長戦の末に3-2で逆転勝ちした。札幌大谷は25日の決勝で旭川実高と戦う。

 今大会2試合を10得点無失点で4年ぶりに準決勝へ駒を進めた札幌大谷と、準々決勝で逆転勝ちした前回王者・北海との戦い。昨年の決勝戦で決勝ゴールを決めているFW湊琢登(3年)やDF坂本楓馬主将(3年)ら優勝メンバーを残す北海が先制点を奪う。

 前半8分、中盤からドリブルで持ち上がったMF森本大貴(3年)がそのままPAへ侵入し、右足でゴールを破る。ベンチの島谷制勝監督から「攻めの姿勢を忘れるなよ。繋ぐ姿勢を忘れるなよ」という声が飛ぶ北海は、ボールを握って攻めようとする札幌大谷に対してしっかりと構えて守り、坂本やDF水上路矢(3年)らが人に負けないこと、連続した守備を徹底。ボールを奪ってからは鋭く前に出て2点目を狙う。

 対する札幌大谷は右SH秋山千颯(2年)がドリブルでPAへ切れ込むシーンもあったが、全体的に天然芝のスタジアムに慣れるまで時間がかかってしまい、思うようにボールを動かすことができていなかった。

 それでも、30分頃からは左SB山田脩人(3年)やMF岡本大地(2年)、CB藤本拓真(3年)が相手を良く見て、ドライブのドリブルを入れるなどより落ち着いてボールを動かすようになり、流れを引き寄せた。その札幌大谷は36分、左CKのこぼれをCB安食優斗(1年)が落とし、秋山が丁寧にコースを突いた左足シュート。これで1-1とした。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「高校サッカー + 東京」のおすすめ記事

「高校サッカー + 東京」のおすすめ記事をもっと見る

「高校サッカー + 大阪」のおすすめ記事

「高校サッカー + 大阪」のおすすめ記事をもっと見る

「高校サッカー + 神奈川」のおすすめ記事

「高校サッカー + 神奈川」のおすすめ記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月24日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 高校サッカー 千葉
  2. 高校サッカー 大阪
  3. 高校サッカー 女子

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。