[関西]同志社大が待望の全敗ストップ初勝利! 中野2発、阪南大の猛攻を守り切る:後期第7節

[関西]同志社大が待望の全敗ストップ初勝利! 中野2発、阪南大の猛攻を守り切る:後期第7節
同志社大が待望初勝利に笑顔
       

第98回関西学生サッカーリーグ1部

 第98回関西学生サッカーリーグ1部の後期第7節が24日に行われた。開幕から全敗していた同志社大阪南大を2-1で破り、初白星を手にしている。

 昨季、入れ替え戦を制して昇格を果たした同志社大。満を持して2年ぶりの1部リーグに臨むが、ことごとく敗戦を喫して開幕6連敗となっていた。しかし今節の阪南大戦では守備が冴えわたり、前半の被シュートは0本。前半17分にFW中野優太(4年=清水ユース)がPKを沈めると、さらに24分には追加点を挙げた。

 前半を2-0で折り返した同志社大は、後半33分に阪南大FW山口拓真(4年=西武台高)にゴールを奪われる。その後も阪南大の猛攻を受けるが、点差を守り切り、2-1で待望の今季初勝利を収めた。

 暫定首位を走る王者・大阪体育大関西大に3-1で快勝した。前半6分にDF大崎航詩(4年=東海大仰星高)のFKをDF高橋秀典(4年=青森山田高)がヘディングシュートで合わせて先制。同30分にはFW高橋一輝(3年=桐生一高)のアシストからMF永吉広大(4年=鹿児島城西高)が追加点を挙げ、2-0と点差を広げる。

 前半を2-0で折り返すと、大体大は後半23分に高橋一のお膳立てからFW高木慎也(3年=四国学院大香川西高)がダメ押し弾。試合終了間際に、関大DF松尾勇佑(2年=市立船橋高)に1点を返されるが、そのまま試合終了となり、連勝をキープした。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月3日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。