先輩たちが残してくれたものをベースに結果を。堀越が5-0で強豪対決制し、東京制覇まであと2勝

先輩たちが残してくれたものをベースに結果を。堀越が5-0で強豪対決制し、東京制覇まであと2勝
前半15分、堀越高FW日野翔太主将が先制ゴール
       

[10.25 選手権東京都Bブロック準々決勝 実践学園高 0-5 堀越高 清瀬内山A]

 29年ぶりの全国へ前進。第99回全国高校サッカー選手権東京都Bブロック準々決勝が25日に行われ、堀越高実践学園高に5-0で快勝。堀越は11月8日の準決勝で東京実高と対戦する。

 ともに東京都1部リーグに所属する強豪同士の一戦は5-0で決着。堀越の佐藤実監督は「正直、こんな点差がつくとは思っていなかった。たまたま自分たちがやるべきことをしっかりやっていて、上手く得点できて、ペースがこっちに来る時間が後半多かった」と振り返る。

 チームとして落とし込んできたことをしっかり表現すること。それが結果に繋がっているようだ。特に守備面については、東京都1部リーグの國學院久我山高戦を2-0で制すなど同リーグ5試合中4試合で完封勝利。今大会も3試合で1失点のみだ。

「考えられるような失点だけはやめよう。それを越えられたら仕方ないと、割り切って」(佐藤監督)というスタンス。注目CB井上太聖(3年)とCB馬場跳高(3年)中心に個の力もある今年、佐藤監督は「完璧に崩されたシチュエーションはほとんどないと思います」と説明する。2回戦は組織力と頑張りも見せていた東京高を延長戦で撃破。この日戦った実践学園は堀越の守りを“壊し”に来ていたが、それも跳ね除けて見せた。

 試合は前半15分、堀越が先制点を奪う。右サイドからのパスを先発起用に応えて奮闘したFW尾崎岳人(3年)がフリック。中央で抜け出したFW

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「高校サッカー」に関する記事

「高校サッカー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「高校サッカー」の記事

次に読みたい「高校サッカー」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月28日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 高校サッカー 千葉
  2. 高校サッカー 大阪
  3. 高校サッカー 女子

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。