「10年前はレワンドフスキよりも優れていたが…」ポーランドメディアが無所属の香川真司を憂慮

「10年前はレワンドフスキよりも優れていたが…」ポーランドメディアが無所属の香川真司を憂慮
ドルトムント時代の香川真司とレワンドフスキ
       

 サラゴサとの契約を解消して現在無所属の香川真司について、ポーランドメディアが特集記事を組んでいる。

 ポーランド『SPORT』は「(ロベルト)レワンドフスキにも香川の才能を分けてほしい! それから時間が経過し、今では香川は厳しい状況に置かれている」という見出しで、日本人MFの現状にスポットを当てた。

「2010年当時、ロマン・コルトン(ポーランドの著名コメンテーター)はドルトムントの香川について『香川こそダイヤモンドだ。彼の才能はとてつもない。レワンドフスキにもその才能を分けてほしい!』と言及。日本人MFがレワンドフスキより優れていると絶賛していた」

「それが今ではどうだろう?32歳のレワンドフスキが、世界最高のFWになるとは思っていなかった。一方で31歳の香川は、所属クラブがない状態に陥っている。どちらも、誰も予想できなかっただろう」

 記事では日本人フットボーラーについても注目し「中田英寿セリエAで200試合近くプレーするなど、彼がヨーロッパにおける日本人選手のパイオニアとなった。それから今では19歳久保建英、21歳の冨安健洋、リバプールに所属する25歳の南野拓実などが注目を集めている。ただ、その中でも輝かしいキャリアを送るはずだと思われていたのは香川だった」と説明。

「2010年夏、ドルトムントはセレッソ大阪から約35万ユーロ(約4000万円)ほどの額で日本の若者を呼び寄せた。これが同チームにおいてとてつもない強化となったのはご存知のとおり。卓越したテクニック、優れたゲームビジョン、そしてコンビネーションのセンスと、21歳の日本人はドイツで旋風を巻き起こした。2列目でマリオ・ゲッツェとの小柄なキラーデュオを形成した。翌シーズン、彼は13ゴール12アシストをマークしている(そのうちのいくつかのアシストはレワンドフスキのゴールとなった)」

あわせて読みたい

香川真司のプロフィールを見る
ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「香川真司 + 先発」のおすすめ記事

「香川真司 + 先発」のおすすめ記事をもっと見る

「香川真司 + 出場」のおすすめ記事

「香川真司 + 出場」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「柴崎岳」のニュース

次に読みたい関連記事「柴崎岳」のニュースをもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月30日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 香川真司 Instagram
  2. 香川真司 ドルトムント
  3. 香川真司 ベンチ

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。