「兎を追い越す亀となれ」。福岡の新勢力・飯塚が5-0で準々決勝突破し、次は東福岡に挑戦


[11.1 選手権福岡県予選準々決勝 筑紫高 0-5 飯塚高 本城陸]

「兎を追い越す亀になる」。第99回全国高校サッカー選手権福岡県予選は1日、準々決勝2日目を行った。県新人戦準優勝の飯塚高がFW村越琉威(2年)の2ゴールなど5-0で筑紫高に快勝。飯塚は11月7日の準決勝で東福岡高と戦う。

 飯塚は2015年の中辻喜敬監督就任から新たな強化をスタートして6年目。昨年は初のJリーガーとなるFW村越凱光(現松本)を輩出し、今年の新人戦で九州大会初出場、同ベスト8進出を果たした。この世代は、3年前に飯塚初の選手権予選ベスト4を見て入学してきた世代。10番MF 宮川開成(3年)は「3年前の飯塚見て入ろうと。ずっと東福岡高校が強かったので、東福岡高校を倒そうという思いで飯塚高校に入学しました」と振り返る。

 中辻監督も「この学年で初めて(中学年代の)チームの中心選手が来てくれた」と認める世代は、追い求めている「観衆を魅了するサッカー」をこれまでの飯塚の歴史の中で最も表現できているという。その期待の世代が3年前の選手権予選4強に並んだ。

 この日、飯塚は怪我明けのMF野見山楽斗主将(3年)が欠場。だが、立ち上がりから「認知する力はこのチームで一番」(中辻監督)という宮川らがボールを失わずに繋ぎ、オープン攻撃も交えて筑紫を押し込んだ。そして11分にはMF赤間祐稀(3年)の右CKをニアの村越が豪快ヘッドで先制点。さらに17分にも、村越の右クロスのこぼれ球を拾ったMF赤嶺泰地(3年)が左足シュートをゴールに叩き込んだ。

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「高校サッカー」に関する記事

「高校サッカー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「高校サッカー」の記事

次に読みたい「高校サッカー」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月1日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 高校サッカー 千葉
  2. 高校サッカー 大阪
  3. 高校サッカー 女子

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。