[MOM3256]東福岡MF遠藤貴成(3年)_成長のために新潟から九州へ。“右の翼”が2発!

[MOM3256]東福岡MF遠藤貴成(3年)_成長のために新潟から九州へ。“右の翼”が2発!
前半1分、先制点を決めた東福岡高MF遠藤貴成(11番)が笑顔
       

[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[11.1 選手権福岡県予選準々決勝 東福岡高 4-0 誠修高 本城]

 東福岡高は右SH遠藤貴成(3年)と左SH青木俊輔(3年)、そして交代出場で右サイドに入ったMF岩井琢朗(3年)の3人で4得点。“ヒガシ”のストロングポイントでもある両ワイドの選手たちが全ゴールを叩き出した。

 特に遠藤は2ゴール。まずは試合開始直後の前半1分、青木の左クロスから右足ダイレクトボレーで先制点を叩き出した。「あそこのクロスの入りは監督の森重さんから要求されていて、よくある形なので。ボールが来ると信じて中に入って合わせるだけでした」という“ゴラッソ”。これでチームを勢いづけた遠藤は、前半30分に2点目を奪う。

「日高(駿佑)が相手のミスを上手く奪って自分に落としてくれたので、あとは相手を外してシュートコース作って打つだけでした」。チームの1点目と2点目をゲット。だが、遠藤に満足感はない。「まだ自分的には物足りないので、次もっと良いプレーができるように」。この日は得意のドリブルで縦へ切れ込むシーンがわずか。それだけに、より高い位置でボールを受ける回数を増やし、仕掛けやアシストの部分でもチームに貢献することを誓っていた。

 遠藤はアルビレックス新潟U-15出身。高校進学時、県外の強豪でプレーすることを求めて新潟を飛び出した。選んだ進路は九州の名門・東福岡。「東福岡は上手い選手がいると思って、良い刺激を受けられると思って来ました」。そこで同級生や先輩たちの努力する姿に刺激を受けながら、成長と結果を追い求めてきた。

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「高校サッカー」に関する記事

「高校サッカー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「高校サッカー」の記事

次に読みたい「高校サッカー」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月2日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 高校サッカー 千葉
  2. 高校サッカー 大阪
  3. 高校サッカー 女子

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。