九州を代表するドリブラー、東福岡MF青木俊輔は1G1Aも満足感なし。「優勝に導けるようにしたい」


[11.1 選手権福岡県予選準々決勝 東福岡高 4-0 誠修高 本城]

「ゴールとアシストという部分はこだわっているので、そこは結果として出せたので良かったと思うんですけれども、もっと前線のポジションとして点を決めないといけない。内容として満足していないので、次は結果として残せるようにしたいと思っています」
 
 東福岡高のU-17日本代表MF青木俊輔(3年)は、九州を代表するドリブラー。突破力だけではなく、得点力も秀でたサイドアタッカーはこの日、左サイドからのクロスで先制点をアシストし、得意の左足で豪快なゴールも決めた。確かに結果を残したが、本人の言葉にもある通り、内容も、結果も“もっと出せた”試合。それだけに、次の準決勝はより質を上げることを誓っていた。

 1年時の選手権予選決勝でいきなり決勝ゴール。鮮烈なデビューを果たして名を上げたが、昨年は選手権出場を逃し、「全国で活躍している同じ年の選手を見て悔しい思いをしているし、全国に行かないと自分をアピールできない」ことを実感した。

 だからこそ、今年の選手権は「絶対に勝って自分を全国に広めていきたい」という野心を持っている。この日はその強い思いがやや空回りしてしまったか、ラストの精度を欠く試合に。それでも、縦へのドリブルとクロス、ゴール方向への鋭い抜け出しからのシュートなど、今年のヒガシのオープン攻撃を引っ張る存在であることは間違いない。

「ヒガシのウイングといったら仕掛けやゴール・アシストの部分で違いを出さないといけないと思っている。自分は色を出して、(チームを)盛り上げたり、最終的に結果を出して勝たせることを意識しています」。

 昨年の決勝は0-1で敗れて連覇がストップ。個人としても得点を生み出すことができず、悔しい思いを味わっている。それだけに、今年はより結果にこだわって表現すること。「まずは準決勝しっかり勝って、決勝もしっかりと勝って、その中で自分も活躍して優勝に導けるようにしたい」。準決勝、決勝では文字通り「チームを勝たせる」活躍をして、全国のピッチで舞う。

(取材・文 吉田太郎)▼関連リンク
●【特設】高校選手権2020

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月2日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。