大迫不在の1トップは武蔵か浅野か…森保監督は2人の変化を指摘「プレーの幅を広げている」

大迫不在の1トップは武蔵か浅野か…森保監督は2人の変化を指摘「プレーの幅を広げている」
FW鈴木武蔵(ベールスホット)とFW浅野拓磨(パルチザン)
       

 日本サッカー協会(JFA)は5日、今月のオーストリア遠征に臨む日本代表メンバー24人を発表した。FW大迫勇也(ブレーメン)が所属クラブの検疫条件により招集できず、1トップの起用法には引き続き注目が集まりそうだ。

 大迫の招集外は所属先のブレーメンで求められる検疫措置によるもの。オランダ合宿でも1試合目のカメルーン戦にはフル出場したが、2試合目のコートジボーワル戦を前に代表チームを離脱した。関塚隆ナショナルチームダイレクターはこの日のオンライン会見で「帰国後にチームとしての制限があるということで、今回は断念ということになった」と理由を述べた。

 FW登録では今回、オランダ遠征にも帯同していたFW鈴木武蔵(ベールスホット)と1年ぶりの復帰となるFW浅野拓磨(パルチザン)の2選手が選出。昨年の大迫不在時に1トップを務めた経験のあるFW南野拓実(リバプール)やFW鎌田大地(フランクフルト)もMF登録で招集されているが、代役としてのファーストチョイスは鈴木と浅野が争う形になりそうだ。

 鈴木は前回の活動以降、出場した2試合で3ゴールと好調を続けている。森保一監督は「前回の活動ではまずは得点に絡む結果を出すこと、そして前線でボールに向かっていく仕事や、時には前線で潰れて味方につなげる仕事をしてほしいと話した」と明かしつつ「ベルギーでは個のマッチアップが非常に多く、かなり激しいマークに遭いながらプレーしている中で、彼が局面を突破し、得点を挙げているのは映像で確認している」と高評価。「

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「サッカー日本代表」に関する記事

「サッカー日本代表」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月5日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。