バルサ退団のラキティッチが語る…メッシとグリエーズマンの仲

バルサ退団のラキティッチが語る…メッシとグリエーズマンの仲
不仲説も流れるFWリオネル・メッシとFWアントワーヌ・グリエーズマン
       

 今夏にバルセロナを去り、かつて所属したセビージャに復帰したMFイバン・ラキティッチ。古巣バルセロナでの一幕を明かしている。12日、スペイン『マルカ』が伝えた。

 32歳のラキティッチは今夏バルセロナを退団。2011シーズンから14シーズンまでを過ごし、ヨーロッパリーグ制覇を果たしたセビージャに舞い戻った。今季はリーグ戦7試合で1得点を記録している。古巣バルセロナに思いを馳せながら、噂されているFWリオネル・メッシとFWアントワーヌ・グリエーズマンの不仲説を一蹴した。

 ラキティッチは『カナル・スール』のラジオのインタビューに答え、「僕が見た限り、メッシとグリエーズマンはとても仲が良かった。彼らとは僕もすごく順調にいっていた。ふたりとも飲み友達で、ロッカールームでも一緒にいる時間が長かった」とその関係性を明かす。プレー面での不調が良からぬ噂の原因と推測しており、「ゴールが決まり始めれば、誰も何も言わなくなるよ。それは偉大なチームに求められることだ。僕は何も心配していない。2人とも並外れた選手だから」と疑惑の解消方法を口にした。

 さらにサッカー選手として、ピッチ外の振る舞いではなく「僕はピッチ上でのプレーで判断されたい」とプライドも垣間見せる。「適応に少し時間がかかるのは普通のことだ。バルセロナはセビージャと違うからね」と元チームメートに理解を示した。

 自身も古巣復帰に意欲を見せる。「僕らのチームは非常に競争力があるけど、僕もなんとかリズムをつかんで、チームメイトを理解したい。日を追うごとにレベルアップしている。ここ2週間は僕にとって非常に重要な意味をもっていた」と手応えを語った。

 また、この夏にはクロアチア代表からも退いた。そのことも調子維持に影響していると語り、「調子はいいし、筋肉のケガの影響はない。体調管理にも気を配っている。クロアチア代表を引退するという決断も良かった。これでセビージャに100%集中できる」とクラブでの順応に万全の態勢で挑んでいるようだ。
●ラ・リーガ2020-21特集

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「メッシ」に関する記事

「メッシ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「メッシ」の記事

次に読みたい「メッシ」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月13日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. メッシ Instagram
  2. メッシ twitter
  3. メッシ アルゼンチン代表

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。