一生懸命に走り、戦い抜いて大津撃破や熊本制覇「できる」ことを示したルーテル学院、4年ぶりの全国へ

一生懸命に走り、戦い抜いて大津撃破や熊本制覇「できる」ことを示したルーテル学院、4年ぶりの全国へ
ルーテル学院高が4年ぶり5回目の全国へ
       

[11.21 選手権熊本県予選決勝 ルーテル学院高 0-0(PK5-3)熊本国府高 えがおS]

 熊本代表はルーテル! 第99回全国高校サッカー選手権熊本県予選決勝が21日、熊本市東区のえがお健康スタジアムで開催され、ルーテル学院高が4年ぶり5回目の優勝を飾った。2連覇を狙う熊本国府高と対戦したルーテル学院は0-0で突入したPK戦の末、5-3で勝利。すでに全国大会の組み合わせは決まっており、ルーテル学院は12月31日の1回戦で丸岡高(福井)と戦う。

 PK戦5人目、先攻・ルーテル学院はエースFW島崎大河(3年)が右足でゴール。優勝を決めた選手たちはガッツポーズを見せ、喜びを表現した。だが、すぐに各選手が熊本国府を労り、手を差し伸べて声がけ。勝者として驕ることなく、100分間の激闘を終えたライバルたちと健闘を戦う姿があった。

 両校が一生懸命戦い抜いた100分間。ルーテル学院の小野秀二郎監督は、「(今年、)熊本県は最悪に見舞われてね、大変な思いをしているからね。少しでもそういう人たちが感動してくれて、『よし、ルーテルができるんだから、僕も、私も、明日頑張ろう』とね。そういう(大変な状況下で)やっている姿が選手たちに伝わったから……」。コロナ禍、自然災害に屈することなく日常を過ごして大会を開催し、自分たちを支え、応援してくれる人々がいる。その中で、何より互いが一生懸命で、見ている人が感動するような戦いをできたこと、また準決勝の大津高撃破、そして熊本制覇を「ルーテルでも、できる」ことを示せたことを喜んだ。

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「高校サッカー」に関する記事

「高校サッカー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「高校サッカー」の記事

次に読みたい「高校サッカー」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月21日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 高校サッカー 千葉
  2. 高校サッカー 大阪
  3. 高校サッカー 女子

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。