サッカーゲーム「FIFA」“鹿マッチ”は名古屋が優勝! eスポーツの盛り上がりは年末の「eJリーグ」へ

サッカーゲーム「FIFA」“鹿マッチ”は名古屋が優勝! eスポーツの盛り上がりは年末の「eJリーグ」へ
年末には「FIFA 21 eJリーグ」が開催される
       

 鹿島アントラーズ主催のサッカーゲーム「FIFA」大会『鹿マッチ』が23日に行われた。サッカーe日本代表のナスリ(鹿島所属)とファントム(鹿島推薦)、スレッジ(湘南ベルマーレ所属)、名古屋グランパスeスポーツアンバサダーのミノが出場。ミノがトーナメント戦の頂点に立った。

 世界中で人気を博すサッカーゲーム「FIFA」シリーズの最新作「FIFA 21」が10月9日に発売された。その面白さを見せつけるべく、国内トッププレーヤー4名が集結。2020年から始動したe日本代表のナスリとファントム、湘南のeスポーツチームに所属するスレッジ、名古屋のeスポーツアンバサダーで2019シーズンのeJリーグ覇者でもあるミノが頂点を目指した。

 準決勝第1試合はファントムが操る鹿島とミノが操る名古屋が対戦。前半を0-0で折り返すと、後半14分にスコアが動く。名古屋は横パスで相手守備陣を動かしながら一気に中央突破。PA内へのスルーパスに反応したFW前田直輝が守備陣の間を縫いながら左足ダイレクトでゴールを決めた。試合はそのまま終了し、ミノの名古屋が決勝に駒を進めた。

 第2試合はナスリの鹿島とスレッジの湘南が対戦した。両者は今年3月に行われた「金eJリーグ」準決勝でも相まみえ、そのときはスレッジが3-1で勝利。今回の試合では、スレッジが前半9分にFW指宿洋史のゴールで先制するが、ナスリも同21分にFWエヴェラウドがターンから技ありの同点ゴールを決める。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「欧州サッカー」に関する記事

「欧州サッカー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「欧州サッカー」の記事

次に読みたい「欧州サッカー」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月24日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。