[関西U-16~Groeien~]開幕8連勝でG1リーグ初優勝。興國戦3発の東山FW北村圭司朗「どんな状況でもゴールを決めて頼られる選手に」

[関西U-16~Groeien~]開幕8連勝でG1リーグ初優勝。興國戦3発の東山FW北村圭司朗「どんな状況でもゴールを決めて頼られる選手に」
優勝を決めた興國高戦で3ゴールの東山高FW北村圭司朗
       

 関西の強豪校の1年生がリーグ戦を通して成長を目指す「関西U-16~Groeien~2020」のG1リーグは21日と22日、第8節の4試合を行い、東山高(京都)が初優勝を決めた。

 開幕7連勝中だった東山は興國高(大阪)と対戦し、4-1で逆転勝ち。優勝と12月開催予定のルーキーリーグ全国大会出場を決めている。以下、興國戦で3得点を記録した東山FW北村圭司朗(G大阪ジュニアユース出身)の優勝コメント。

―優勝が決まった興國戦の感想。
「初めて先制点を奪われてしまい、とても焦りましたが、僕のゴールで勝つことができたのが嬉しかったです」

―リーグ戦を振り返って。
「優勝の要因は、チームワークがだんだんと良くなり、勝負強さがついたことです。個人のパフォーマンスについては、良い時や悪い時もありましたが、グロイエンを通して、得点力やFWとしてチームを引っ張ることができるようになりました」

―現在の個人としての強みと課題。
「個人の強みは、前線でボールを収めて時間を作ること。課題は、試合終盤にプレーの質が落ちてしまうことです」

―ルーキーリーグ全国大会への意気込み。
「大会までに良い準備をして、大会を通してチームとしても、個人としても成長し、優勝します。もし可能なら決勝戦で静岡学園と対戦するのとが楽しみです。ガンバ大阪ジュニアユース時代のチームメイト高橋隆大と対戦したいからです。中学時代は負けてばかりだった存在なので、全国の舞台でチームとしても個人としても活躍して勝ちたいです」

―東山での3年間の目標、また将来の目標。
「3年間の目標は、3年生の時にインターハイ・選手権で全国優勝することです。個人としては、どんな状況でもゴールを決めて頼られる選手になることです。将来の目標は、日本代表になることです」

(取材協力 東山高校サッカー部 構成 吉田太郎)▼関連リンク
関西U-16~Groeien~2020特集ページ

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ガンバ大阪」に関する記事

「ガンバ大阪」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ガンバ大阪」の記事

次に読みたい「ガンバ大阪」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月26日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. ガンバ大阪 井手口陽介
  2. ガンバ大阪 倉田秋
  3. ガンバ大阪 宮本 恒靖

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。