48番目の代表校は桐蔭学園!2度追いつかれながらも3度勝ち越して神奈川制覇!

48番目の代表校は桐蔭学園!2度追いつかれながらも3度勝ち越して神奈川制覇!
桐蔭学園高が3年ぶりに全国切符獲得。(代表撮影)
       

[11.28 選手権神奈川県予選決勝 桐光学園高 2-3(延長)桐蔭学園高 ニッパ球]

 48番目の代表校は桐蔭学園に決定! 第99回全国高校サッカー選手権神奈川県予選決勝が28日に開催され、桐光学園高桐蔭学園高が激突。延長戦の末、桐蔭学園が3-2で勝ち、3年ぶり10回目の全国大会出場を決めた。唯一未定だった神奈川県代表が決定したことで全国大会出場全48校が決定。桐蔭学園は12月31日の全国大会1回戦で東福岡高(福岡)と戦う。

 ともにインターハイ日本一や選手権4強の歴史を持つ伝統校同士の対戦となった神奈川ファイナル。試合は桐蔭学園が先行し、桐光学園が追いかける展開となった。立ち上がりは風上に立った桐光学園がストロングポイントのセットプレーから連続でチャンス。だが6分、桐蔭学園は右サイドへ展開すると、PAでMF本多鼓瑚(2年)からのパスを受けたFW立石宗悟(2年)が思い切り良く右足を振り抜いて先制点を奪う。

 これに対して桐光学園はまず守備を安定させ、攻撃時間を増やす。特に相手の背後を狙った攻撃が効果を発揮。そこからセットプレーを獲得すると、19分にはFW山下健也(3年)の右ロングスローをニアのCB奈良坂巧(3年、町田内定)が競り勝ち、飛び込んだFW庄司朗(3年)がヘディングシュートを放つ。

 この一撃がゴールマウスに阻まれるなど、桐光学園は押し込みながらも1点ビハインドで前半を終えた。一方の桐蔭学園は相手のセットプレーや縦へ速い攻撃に苦しめられたものの、最終ラインやMF中村勇貴(2年)中心に球際で強度ある守備や、ゴール前での粘り強さなどを発揮。八城修監督の「風下になったら押し込まれると思っていた。前半はゼロでということを伝えていました」というメッセージに1-0という形で応えて見せた。

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「高校サッカー」に関する記事

「高校サッカー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「高校サッカー」の記事

次に読みたい「高校サッカー」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月28日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 高校サッカー 千葉
  2. 高校サッカー 大阪
  3. 高校サッカー 女子

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。