GL突破決める神戸は先発全員変更もACL初黒星…後半イニエスタら投入で流れ変えるも

GL突破決める神戸は先発全員変更もACL初黒星…後半イニエスタら投入で流れ変えるも
GL突破決める神戸は先発全員変更もACL初黒星…後半イニエスタら投入で流れ変えるも

[11.28 ACL第4節 神戸0-2広州]

 ヴィッセル神戸AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の第4節で広州恒大(中国)に0-2で敗れ、今大会初黒星を喫した。

 25日の再開初戦で神戸は広州恒大を3-1で撃破。勝ち点を6に伸ばして、早々に決勝トーナメント進出を決めた。中2日で行う再戦に、神戸は先発全員変更。勝てば首位通過を決める試合だったが、連戦の中で体力温存を優先させた。

 対照的に絶対に勝ちが欲しい広州は序盤から神戸ゴールに圧力をかけた。すると前半17分、GK飯倉大樹のキックがカットされると、エリア内に侵入したFWアンデルソン・タリスカとDF渡部博文が交錯。PKが与えられると、タリスカに豪快に決められて先制を許す。

 さらに前半36分、ゴール正面でFKを与えると、MFエウケソンに鋭いシュートを許す。飯倉も懸命に手を伸ばして弾きに行くが、右上に飛んだシュートはゴールネットに突き刺さる。神戸は2点のビハインドで後半に折り返すことになる。

 後半に入って神戸は、まずはMF山口蛍を投入。徐々に反撃機会を伺うと、残り30分のタイミングでMFアンドレス・イニエスタやFW古橋亨梧、FWドウグラスを投入。流れを掴みに行く。しかし同25分の古橋の折り返しをダイレクトで合わせたMF安井拓也のシュートは、GKの手を弾いてポストを直撃。得点を奪うことは出来なかった。

 初黒星の神戸は勝ち点6のまま。広州が同4で2位に浮上した。グループGはジョホール(マレーシア)が出場を辞退。残すは神戸と広州が、勝ち点1の水原三星(韓国)との試合を残すのみとなっている。広州対水原が12月1日、神戸対水原が同4日。同7日に行う決勝トーナメント1回戦では、横浜F・マリノスが戦うグループHの勝ち上がりチームと対戦する。
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●ACL2020特設ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「イニエスタ」に関する記事

「イニエスタ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「イニエスタ」の記事

次に読みたい「イニエスタ」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月28日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. イニエスタ バルセロナ
  2. イニエスタ 評価

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。