躍動した鎌田大地、今季2度目の1試合2アシスト!! ウニオンとの打ち合いはドロー決着

躍動した鎌田大地、今季2度目の1試合2アシスト!! ウニオンとの打ち合いはドロー決着
全3得点に絡んだMF鎌田大地

[11.28 ブンデスリーガ第9節 ウニオン・ベルリン3-3フランクフルト]

 ブンデスリーガは28日に第9節を行い、日本代表MF鎌田大地とMF長谷部誠が所属するフランクフルトはMF遠藤渓太が所属するウニオン・ベルリンと対戦し、3-3で引き分けた。開幕から9試合連続先発となった鎌田はトップ下に入ると、2アシストを記録してフル出場。長谷部は2試合連続のベンチスタートで出番はなし。負傷明けの遠藤はベンチ外だった。

 いきなり試合は動いた。ウニオン・ベルリンは前半2分にGKのミスを突いてMFロベルト・アンドリヒが押し込み、先制に成功。6分にはFWマックス・クルーゼがPKを沈め、2-0にリードを広げた。反撃に出るフランクフルトは28分、MFエリック・デュルムのプレスからボールを奪取すると、鎌田が右サイドをドリブルで持ち上がり、絶妙なグラウンダーのクロス。ファーサイドのFWアンドレ・シウバが左足で押し込んだ。

 鉄板ホットラインでゴールをこじ開け、鎌田は3試合ぶりの今季5アシスト目。さらに、前半36分にはPA左手前の位置で鎌田がFKを獲得する。キッカーのMFフィリプ・コスティッチが左足で蹴り込むと、シウバが技ありヘッドでねじ込み、ドッペルパック(1試合2得点)を達成した。

 2-2で迎えた後半34分にも鎌田に見せ場が訪れた。スルーパスで背後に抜け出した鎌田はドリブルで持ち出し、マークに遭いながらもクロスを供給。走り込んだFWバス・ドストが押し込み、逆転に成功した。鎌田は今季2度目の1試合2アシストで今季6アシスト目。しかし、その3分後にはクルーゼが技ありミドルを叩き込み、3-3のまま試合終了。ウニオン・ベルリンは連勝が3で止まり、フランクフルトは4試合連続のドローとなった。
●海外組ガイド●ブンデスリーガ2020-21特集

当時の記事を読む

鎌田大地のプロフィールを見る
ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「鎌田大地」に関する記事

「鎌田大地」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「鎌田大地」の記事

次に読みたい「鎌田大地」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月29日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。