C・ロナウドは中心ではなく、あくまで付加価値…ピルロ監督がチーム構成を語る「レアルは依存していた」

C・ロナウドは中心ではなく、あくまで付加価値…ピルロ監督がチーム構成を語る「レアルは依存していた」
FWクリスティアーノ・ロナウド不在でも勝てるチームになるために…
       

 ユベントスは28日のセリエA第9節でベネベントと1-1のドロー。アンドレア・ピルロ監督が試合を振り返る。

 試合はユベントスが先制。FWアルバロ・モラタが前半21分に先制点を挙げる。しかしその後は追加点を奪えず、前半終了間際には同点ゴールを許してしまう。そのまま後半も勝ち越すことはできずに試合終了。1-1で痛み分けとなった。

 ピルロ監督は試合後の会見で「経験とリーダーシップを持った選手がいないと、苦しむ傾向にある」と語る。エースFWクリスティアーノ・ロナウドは欠場。指揮官はC・ロナウドのコンディション不良を明かし、回復を優先したという。

 さらに『スカイスポーツ・イタリア』によると、C・ロナウド休養の目的には12月2日のUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)ディナモ・キエフ戦もあったようだ。C・ロナウド自身が欧州CLへの出場を志願しており、ポルトガル代表での疲労も含めて休養を選択させた。

 しかし、ピルロ監督はC・ロナウド不在の意味も語る。「C・ロナウドは付加価値であり、彼がいなくてもプレーできるようにしなければいけない」と依存からの脱却という意味でもあったという。「レアル・マドリーはC・ロナウドに依存していた。彼はゴールを生み出すための触媒であり、動きの中心でもある。そしてそれが故に、彼が中心人物となり、彼を起点とすることが期待されてしまう」。

 ユベントスは格下から勝ち点を落とすことが多く、それはピルロ体制でも続いている。

「私たちはまだ発展途上だ。前線より深い位置からもう1枚ウインガーがいるようにしているが、機能するときもあればしないときもある。残念ながら、試合が混沌として乱雑になると、失点を抑えながら試合をコントロールしなければいけない。それができないと、今日やクロトーネ戦(△1-1)のように苦労するだろう」

「相手を仕留める瞬間、試合をコントロールする時間、それらはまだまだ学んでいかないといけない」
●セリエA2020-21特集

あわせて読みたい

クリスティアーノ・ロナウドのプロフィールを見る
ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「クリスティアーノ・ロナウド」に関する記事

「クリスティアーノ・ロナウド」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「クリスティアーノ・ロナウド」の記事

次に読みたい「クリスティアーノ・ロナウド」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月29日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. クリスティアーノ・ロナウド バロンドール
  2. クリスティアーノ・ロナウド ポルトガル代表
  3. クリスティアーノ・ロナウド ユヴェントス

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。