[球蹴男児U-16]日章学園はプレーオフ敗退。全中連覇経験のMF金川主将「上の代の中心選手となってチームを勝たせる」

[球蹴男児U-16]日章学園はプレーオフ敗退。全中連覇経験のMF金川主将「上の代の中心選手となってチームを勝たせる」
日章学園高MF金川羅彌主将は2点目を演出した
       

[11.29 球蹴男児U-16リーグプレーオフ 日章学園高 2-4 大津高 大津運動公園]

 日章学園高はこの日、日章学園中で全国中学校サッカー大会優勝を経験している9選手が先発出場。自分たちの強みである全員でのハードワーク、攻守のバランスの良さを発揮して前半はより多くのチャンスを作り出していた。

 だが、序盤のチャンスで決めきれなかったチームは後半にミスも出て2-4で敗戦。1年生で唯一日章学園のトップチームでプレーするMF金川羅彌主将は、「チームワークという部分では相手に負けていなかった」と語る一方、「決め切る個の力などは大津の方が上だったと思うので、個を磨いていきたい」と個々がレベルアップすることの必要性を口にしていた。

 中学時代には勝てていたような内容の試合でも体格、スピードの上がる高校サッカーでは同じようにはいかない。選手たちにとっては勝つことの難しさを再確認する試合に。福島将太コーチは「このゲームで何を掴んだか。それが大事だよ」と語りかけ、金川は「全国にもこういう(力のある)チームがいる。この負けをもっと自分たちなりに活かしていくことができれば、次大津とやった時は絶対に負けないと思う」と負けの経験を活かすことを誓っていた。

 金川は日章学園中時代にレギュラーとして全国中学校サッカー大会2連覇、2年連続大会優秀選手を経験。昨年もU-16宮崎県選抜の一員として国体予選に先発出場していたプレーヤーだ。また、U-14ナショナルトレセンで神村学園高(鹿児島)のスーパールーキーコンビ、MF大迫塁、FW福田師王(ともにU-16日本代表)とともにプレーしている。

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月30日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。