貫いた“静学らしさ“。静岡学園が後半ATの2発で藤枝東を振り切り、“全国ルーキー”初優勝!!


[12.21 ミズノチャンピオンシップU-16決勝 藤枝東高 1-3 静岡学園高 時之栖うさぎ島G]

 静岡学園が“全国ルーキー初優勝”――。全国9地域のU-16(ルーキー)リーグの上位チームによって争われた「2020 ミズノチャンピオンシップU-16」(旧全国ルーキーリーグ交流大会)は21日、決勝戦を行い、藤枝東高(静岡)と静岡学園高(静岡)が激突。静岡学園が3-1で勝ち、初優勝を果たした。なお、大会MVPは静岡学園の右SB谷岡拓が獲得している。

 静岡の名門校同士の戦いとなった決勝戦は、静岡学園が制した。ともに4-5-1システム。大津高(熊本)、帝京高(東京)、旭川実高(北海道)との“死のグループ”を突破し、準決勝で関西王者の東山高(京都)を破って決勝進出した藤枝東の先発はGK䂖坂地央、右SB桑山響、CB寺田史朗、CB吉川慶二郎、左SB西門希望、アンカー馬場悠生、2シャドーがAチームで先発を務める出水志耀と海貝俊輔、右SH中島悠翔、左SH中村朔良、FW井藤璃人だった。

 一方、準決勝で九州1位の東福岡高(福岡)を破るなど今大会4戦全勝で決勝へ進出した静岡学園はGK小林元、右SB谷岡拓、CB黒澤翔太、CB森下蒼大、左SB栗原耕平、ダブルボランチが白井柚希と保竹駿斗、トップ下がU-16日本代表MF高橋隆大、右SH近藤安元、左SH望月空、FW寺裏剣の11人が先発した。

 試合は静岡学園がボールをより多く保持しながら押し込む展開。バイタルエリアで前を向いた栗原や寺裏、望月、高橋がドリブルで仕掛け、近藤が左足シュートへ持ち込む。一方の藤枝東も奪ったボールを丁寧に繋ぎ、出水のサイドチェンジなどからともにスピードのある中村、中島の両翼へ展開。カウンターからPAへ抜け出した海貝がシュートへ持ち込むシーンもあった。

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月22日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。