J最優秀選手は柏FWオルンガ!! 王者川崎F勢押しのけ得点王とW受賞「アフリカ出身初のMVPになれて光栄」

J最優秀選手は柏FWオルンガ!! 王者川崎F勢押しのけ得点王とW受賞「アフリカ出身初のMVPになれて光栄」
拡大する(全1枚)
ダブル受賞を果たしたFWオルンガ(柏)

 激動の2020シーズン、Jリーグ最優秀選手賞に輝いたのは柏レイソルFWオルンガだった。記録的なリーグ優勝を飾った川崎フロンターレ勢を押しのけ、32試合28ゴールという圧倒的な成績で得点王とのダブル受賞を果たしたストライカーはオンライン取材で「柏レイソルで初めての得点王、そしてアフリカ出身選手で初めてのMVPになれて光栄」と喜びを語った。

 昨季はJ2リーグで30試合27ゴール。最終節・京都戦では前人未到の1試合8得点も記録した破壊力が今季、J1の舞台でさらなる猛威を振るった。

 2月22日の開幕節・札幌戦でさっそく2ゴール1アシストの大活躍を見せると、コロナ禍による中断明けは3試合足踏みが続くも、そこからJ1記録に王手をかける7試合連続ゴール(10得点)を達成。その後もコンスタントにゴールを重ね、得点ランキング2位のFWエヴェラウド(18点)に大差をつけて得点王に輝いた。

 そんなオルンガにとって、最も印象的なゴールは10月3日の第20節・横浜FC戦の2点目だったという。「ファーストタッチで決まった。ボールの置き方でうまくシュートを打てたことが素晴らしかった」。自身も「パワーとスピード」と認めるアピールポイント目立つスタイルだが、技術の高さで奪ったゴールを誇った。

 またオンライン会見では7月26日の第7節・仙台戦の3点目についても言及した。「ボールをうまくコントロールできて、シュートまで短い間で決めることができた。また日本でのファーストハットトリックにもつながるゴールになった」。細かいタッチが光っただけでなく、記録の面でも思い出に残る一発だったようだ。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「川崎フロンターレ」に関する記事

「川崎フロンターレ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「川崎フロンターレ」の記事

次に読みたい「川崎フロンターレ」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク