ブラインドサッカー日本代表・高田監督が今年の活動総括、パラリンピックは「無観客でもやりたい」

ブラインドサッカー日本代表・高田監督が今年の活動総括、パラリンピックは「無観客でもやりたい」
ブラインドサッカー男子日本代表・高田敏志監督が今年の活動を総括
       

 日本ブラインドサッカー協会(JBFA)は21日、男子日本代表の高田敏志監督のオンライン活動会見を実施。今年度最後の合宿を終え、その活動を総括した。

 今年6月にオープンした「MARUI ブラサカ!パーク」により、日本代表はより濃密な練習ができるようになった。高田監督もそのメリットを強調しており、「グラウンドがあるってこれほどいいってことはない」と語る。場所が確保されたことにより安定的に、また週2、3日と決まった日、決まった時間に練習を行うことで「ピリオダイゼーション、期分けをちゃんとやって、負荷をかけながらやっていくことができるようになった」と手応えを口にした。

 現在は週2、3日の練習に、月1回の合宿を行い、東京パラリンピックに備えている。今後の課題は「サブメンバーのレベルアップ」。「主力の4名のレベルはすごく高いんですけど、サブメンバーも努力して成長しています」と、誰が出ても主力となれるようなチーム作りを進めている。そのためには、ブラインドサッカーだけの世界を見ていては高みを目指せないとも語る高田監督。「11人制のサッカーだったり、フットサルだったり、ほかの競技から学んで、関心を持ちながら、強化に携わるっていうことを常識にしたい」と他競技からの吸収も怠っていない。本番への調整スケジュールに関しては2018年のロシアW杯での日本代表や19年のラグビーW杯日本代表などの成功例に注目。監督自らそれぞれの関係者に連絡を取り、生の声を聞き取っているという。

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「サッカー日本代表」に関する記事

「サッカー日本代表」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月24日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。