[MOM3384]静岡学園MF川谷凪(2年)_鹿島MF松村のような存在目指す快足MF。「静学に無い色を出せたら」


[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[1.6 NEW BALANCE CUP準決勝 日体大柏高 2-3 静岡学園高 時之栖裾野G]

 静学の新たなスピードスターが、決勝ゴールを決めた。静岡学園高は後半20分に追いつくと、さらに25分、MF松永颯汰(2年)が左サイドから斜めのスルーパス。右サイドからの抜け出しでボールを引き出したMF川谷凪(2年=千里丘FC出身)が、コントロールから右足ループシュートでゴールネットを揺らした。

 川谷は「(2-2になって)最後の1点、絶対に行けると思っていたんですけれども、その1点は自分で行こうと思っていました」と振り返る。そして、狙い通りに奪った決勝点を「いつもやったら(GKの)正面当てて外していたんですけれども、たまたまあの時はループシュート。僕はそういうタイプではないんですけれども、ちょっと嬉しかったです」と微笑んだ。

 川谷は50m走を5秒9で走るという快足サイドアタッカー。スピードと身体の強さを活かした縦突破やゴール前へ飛び込む動きを得意とする。1年時は怪我に悩まされ、復帰したのが1年前。そして6月にAチームへ昇格したが、出番を増やすことはできなかった。

 それでも、「今年、自分の代なので一発やってやろうかな」という思いで臨んだこの「2021 NEW BALANCE CUP」(通称:裏選手権)では、準決勝の決勝点、決勝の先制ヘッドを含めて4得点の活躍。アピールに成功している。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「高校サッカー」に関する記事

「高校サッカー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「高校サッカー」の記事

次に読みたい「高校サッカー」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク